2007年01月31日

I'm Here/柏木広樹

今、私が注目しているポップなチェロ奏者!柏木広樹さんのアルバムです。
チェロ奏者といっても、あまりクラシック作品とは縁がありませんで、主にポップなオリジナル曲を発表しています。

今は、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんと良く共演しています。(バンドメンバーとして)
1990年にはNHK紅白歌合戦に出場して楽曲を演奏しているみたいです。けっこう活躍しておられます。

で、作品の内容ですが、雰囲気的には葉加瀬太郎さんのチェロヴァージョンと言った感じでしょうか。
今やヴァイオリンでポップな曲を演奏する人は多いですが、チェロは少ないです。
音が低く、主メロを弾いても伴奏にかぶって目立ちにくいからかもしれません。しかし、このアルバムなんか聴くと、全然ヴァイオリンに負けてません!チェロでもこんなにポップな作品を作れるんだ!!と、感心しました。

それに、チェロはヴァイオリンと違って、音が深いですからね〜。チェロの音は心の奥にジーンと響いてきます。だから、ポップなんだけど、究極に癒される!そんな今までにない音楽世界が広がるですね。

どうしてもチェロという楽器は裏方に回ることが多く、ことさらポップな作品で主役になることは少ないです。下手するとベース音ばかりの役回りで、主役とは程遠い存在になりかねません。クラシック音楽でも、ヴァイオリン協奏曲は数あれど、チェロ協奏曲の少ないこと!

でも、このアルバムの曲を聴く限り、これはチェロにしかできない音楽だなぁ。と思います。これをヴァイオリンで演奏したら、味わい半減でしょうね(笑
これからは、柏木広樹さんに大活躍してもらって、もっとチェロという楽器のポップな作品が増えていくといいなぁ・・・と願っております。

I’M HERE アイム・ヒア
I’M HERE アイム・ヒア
posted with amazlet on 07.01.26
柏木広樹
ロックチッパーレコード (2001/09/27)
売り上げランキング: 53814
posted by 悠 at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

夢のあとに/フォーレ

フォーレの作品はどれも流れるような美しさや、独特のハーモニーによる幻想的な雰囲気があり、私の大好きな作曲家です。
そのフォーレの作品の中でも、一際輝いている作品が、この「夢のあとに」ではないでしょうか?「夢のあとに」。なんとも美しいタイトルです。もともとは歌曲なのですが、現在ではチェロによる演奏が多いですね。たしかに、チェロの深い音色と「夢のあとに」のメロディーは本当によくマッチします。ノーブルな響きがより一層引き立ちます。

CDは小沢征爾さんが指揮した「フォーレ:管弦楽作品集」というアルバムの中の演奏が好きです。チェロとピアノによる組み合わせで演奏されることが多いこの曲ですが、このアルバムではオーケストラによる伴奏になっています。ピアノ伴奏と比較しても、よりフランス音楽的な優雅な感じに仕上がっており、また、演奏自体もたいへん洗練されていて、何度でも聴きたくなります。

こういう繊細な音楽は極力、楽譜通りにというか、あまり演奏者の感情や個性を強く出しすぎない演奏であってほしいと私は思っています。演奏者を忘れさせて、音楽本来の持っている美しさだけを聴かせてほしいからです。そういう点でも、小沢さんの指揮は上手く、音楽を歌わせつつも清楚に聴かせてくれますので、音楽の持つ美しさだけがそのまま心に響いてきます。

おなじく、このアルバムに収録されている「ペレアスとメリザンド」。「エレジー」。組曲「ドリー」も名演奏ですよ!

パヴァーヌ~フォーレ:管弦楽作品集
小澤征爾 ボストン交響楽団 ハント(ローレン) フォーレ エスキン(ジュールズ) デュベンスキー
ユニバーサルクラシック (2003/08/21)
売り上げランキング: 85,525


1.劇音楽「ペレアスとメリザンド」op.80
2.夢のあとにop.7-1(デュベンスキー編)
3.パヴァーヌop.50(合唱付き管弦楽版)
4.エレジーop.24~管弦楽とチェロのための
5.組曲「ドリー」op.56(ラボー編)

現在廃盤のようなので、こちらもご紹介しておきます。
パヴァーヌ〜フォーレ管弦楽作品集
posted by 悠 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(1) | クラシック>チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

「ジブリ・ザ・クラシックス」久木田薫

チェロ奏者の久木田薫さんのアルバムです。
ジブリアニメでお馴染みの名曲の数々をチェロの温かい音色で聴かせてくれます。
この手のジブリ音楽のアレンジ物はけっこうたくさん発売されていますよね。
そのせいか、「もうジブリアニメの音楽は聴き飽きちゃった…」
なんて人も多いかもしれません。

しかし、このアルバムは新鮮です。
あっと驚くアレンジが多いのです。
ピアソラのタンゴ風のリズムに乗って演奏される「君をのせて…(天空の城ラピュタ)」
オシャレなアレンジで今までのイメージを覆す?「となりのトトロ」
しかし、それが全然不自然じゃなくて、むしろより魅力的な音楽に生まれ変わっています。

モダンな伴奏の上に重なる温かいチェロの音色…
心地よく癒されますね。
これからの季節、お部屋のBGMなんかにもピッタリじゃないかなぁって思います。
久木田薫さんの公式サイトで試聴もできますので是非お聴き下さい。
http://www.aniplex.co.jp/kukita/

ジブリ・ザ・クラシックス
久木田薫
アニプレックス (2005/03/24)


1.「天空の城ラピュタ」~天空の城ラピュタ
2.「天空の城ラピュタ」~君をのせて
3.「風の谷のナウシカ」~風の谷のナウシカ
4.「風の谷のナウシカ」~ナウシカ・メドレー
5.「となりのトトロ」~風の通り道
6.「となりのトトロ」~となりのトトロ
7.「紅の豚」~さくらんぼの実る頃
8.「紅の豚」~アドリアの海へ
9.「魔女の宅急便」~やさしさに包まれたなら
10.「火垂るの墓」~はにゅうの宿
11.「もののけ姫」~もののけ姫
12.「千と千尋の神隠し」~いつも何度でも
13.「千と千尋の神隠し」~千と千尋の神隠し・メドレー
14.「ハウルの動く城」~世界の約束
posted by 悠 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(1) | クラシック>チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。