2007年08月19日

坂本龍一/嵐ヶ丘

1992年に公開された洋画「嵐ヶ丘」のサントラです。
「嵐ヶ丘」という物語自体は何度も映画化されている名作ですね。
これで5度目の映像化になるそうです。

そして、何よりこの映画の注目は坂本龍一、入魂の音楽なのです!
非常に完成度の高いサントラになっています。
しかし・・・この映画自体が少しマイナーなためか、音楽もあまり聴く機会がありません。
これはとても残念なことです。

坂本龍一さんの映画音楽というと、なんと言っても「ラスト・エンペラー」や「戦場のメリークリスマス」、以前紹介した「ザ・シェルタリング・スカイ」などが有名です。
しかし、一番芸術性の高いアルバムは「嵐ヶ丘」ではないかと感じます。
オーケストレーションの妙、映画の場面場面を完璧に演出する細かい芸は、舌を巻いてしまいます。

ただ、芸術性の高さと一般受けの良さは必ずしも一致しないわけで、このアルバムはあまりに精密すぎるため、幾分難解な印象は受けますね。
「戦場のメリークリスマス」のような音楽を期待して聴くと、期待ハズレになってしまうでしょう。

全体の雰囲気は「ザ・シェルタリング・スカイ」の音楽世界に近く、さらにそれを深くしたような内容です。現代音楽的な楽曲も多くなっています。
第一印象が良いというより、何度も聴いて味が出てくる曲が多いのです。

ちなみに、ボーナストラックしてテーマ曲のピアノヴァージョンが収録されていますが、これはとてもロマンティックで親しみやすく、「ザ・シェルタリング・スカイ」のピアノに感動した人は、オススメです!
冒頭のサティを思わせるような序奏に続いて現れる、甘美な旋律は坂本さんのメロディーの中でも、もっとも美しいものの1つでしょう。

サントラの指揮は坂本龍一。オーケストラはロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラという、本格的なクラシック系サントラ。ぜひ、堪能してみてください。

嵐ヶ丘(サントラ)
嵐ヶ丘(サントラ)
posted with amazlet on 07.08.19
坂本龍一 ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団
EMIミュージック・ジャパン (1992/09/30)
売り上げランキング: 108755

posted by 悠 at 16:44| Comment(33) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

海の上のピアニスト オリジナル・サウンドトラック

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画。
大西洋を往復する豪華客船で生きる1人の天才ピアニストのストーリーです。
タイトルにもあるように、「ピアノ」がこの映画の大きなポイントで、当然サントラもピアノが大活躍します。
この映画のサントラを手がけたのがエンニオ・モリコーネ!イタリア映画音楽界の巨匠です。
エンニオ・モリコーネとジュゼッペ・トルナトーレ監督のコンビでは、『ニュー・シネマ・パラダイス』という名作があります。こちらは、音楽もベストセラーになりました。

「海の上のピアニスト」では、ジャズっぽい曲から、ポピュラー、クラシックぽい曲まで、色々なタイプの音楽が登場します。ただ、あくまで「それっぽい」です。完全にジャズでもなければ、クラシックでもない。「モーツァルト再来」というモーツァルト風の曲もありますが、やはり、よく聴くとクラシックでもない感です。
これが、モリコーネらしいというか、あくまで、自己の音楽世界を貫く姿勢が見られます。


有名なのは「愛を奏でて」という楽曲でしょう。インストは勿論、歌としても色々な歌手がレコーディングをしています。モリコーネらしい、温かいメロディーと、美しいハーモニーが心に残ります。

ちなみに、この映画で主人公を演じた俳優、ピアノでの決闘シーンで相手役を演じた俳優は、ピアノが弾けないとの事。ピアノを弾いてるように見せるため、演技の大特訓を受けたそうです。
劇中では、本当に弾いているように見えますね。

「海の上のピアニスト」オリジナル・サウンドトラック
エンニオ・モリコーネ アカデミア・ムジカーレ・イタリアーナ ファウスト・アンツェルモ ジャンニ・オッディ ジルダ・ブッタ アメデオ・トマシ
ソニーミュージックエンタテインメント (2006/03/24)
売り上げランキング: 127596
posted by 悠 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

スウィング・ガールズ ライヴ!!

女子高生ジャズ・ビッグ・バンドを描いて大ヒットした映画「スウィング・ガールズ」のライヴCDです。
2004年12月に行われた、ライヴの模様を収録しています。
スウィング・ガールズは、映画のために結成したバンドですので、これが最初で最後のライヴということになりました。

もちろん、演奏は彼女たちです!
映画のために一体どれだけ練習したんどろう・・・と、感動するくらい熱のこもった演奏を聴かせてくれます。

このCDを聴いて、一番感動したのは、彼女たちの演奏っていうのがプロの演奏にはない魅力に溢れている事です。

もちろん上手ではありませんよ。。。
ちゃんと鳴ってなかったり、アレンジもシンプルですし、テンポもたどたどしくなったりします。でも、本当に楽しんで音楽をやっているんだ!っていう熱気がものすごく伝わってくるんですよ。
一流の演奏家が演奏する完璧な演奏よりも、ずっと聴いていて楽しいし、音楽の本来の姿が感じられました。
音楽の本質は、やっぱりこういうところなんだろうなぁ。と思います。
上手い下手じゃないんだなぁ、と。音楽をする人がいかに音楽をたのしんでやっているか!そこが大事なんでしょうね。
上手い下手を超えて、どんなプロの演奏よりも楽しませてくれる何かがありました。


収録曲は、ジャズの超スタンダードばかりで、誰でも知っている曲ばかりです。いままでジャズを聴いた事のない人でも、充分楽しめます!
心から音楽を楽しんでみたい人にオススメです!

SWING GIRLS LIVE!!
SWING GIRLS LIVE!!
posted with amazlet on 07.04.18
SWING GIRLS
ユニバーサルJ (2005/03/23)
売り上げランキング: 20689

posted by 悠 at 22:54| Comment(2) | TrackBack(1) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ホームアローン/オリジナルサウンドトラック

言わずと知れたコメディ映画「ホームアローン」のサントラです。
音楽は、巨匠のジョン・ウィリアムスが担当。
とにかく温かいムードの音楽に溢れた名作で、ジョン・ウィリアムスのサントラの中では一番好きです。

ジョン・ウィリアムスは「ジョーズ」や「スターウォーズ」、さらに「レイダース」、「スーパーマン」などのスケールの大きい迫力満点な音楽に長けている印象もありますが、一方で「ホームアローン」や「E.T.」、フック船長を題材にした「フック」などのファンタジックでキャッチ−な音楽も非常に魅力です。むしろ、こちらの方がジョン・ウィリアムスらしいと私は思います。

実際、「レイダース」のテーマなんて、メロディー自体はいたって温かく優しい雰囲気があります。伴奏アレンジによって力強く聞こえますが、やはり彼の魅力は、この温かいメロディーにあるんではないでしょうか?

その、キャッチ−なメロディーが充分生かされたのが「ホームアローン」のサントラです。アレンジもチャイコフスキーのバレエ音楽を意識したような感じで、さらに魅力が増してます。

それにしても、このサントラは、名曲が多いですね。
冒頭のフルオーケストラによる強烈なテーマに始まり、かの映画「ピンクパンサー」のテーマをパロディーにしたようなドロボーのテーマ曲。ドロボーに罠をしかけている時に流れるスリリングな「トラップ」という曲は、今でも様々な番組のBGMとして聴く事ができます。
そして、エンディングで流れる、最高に心温まるクリスマスソング「サムホエア・イン・マイ・メモリー 」なんかは、もうジョン・ウィリアムス節炸裂です。(笑

また、既存のクリスマスソングも多く収録されています。中でも教会の場面で流れる「オーホリーナイト」の少年少女合唱は美しく、(クレジットではジョンウィリアムス合唱団となてましたが)クリスマスシーズンには、必ず聴いてしまいます。
同様に、教会の場面で少しほの暗く♪スター オヴ ベツレヘ〜ム♪と歌い出される印象的な歌がありますが、こちらは既存のクリスマスソングではなく、ジョン・ウィリアムスの作曲によるもです。こちらも好きな一曲です。

クリスマスシーズンに限らず、いつ聴いても楽しめるアルバムです。

ホーム・アローン
ホーム・アローン
posted with amazlet on 07.04.08
サントラ ドリフターズ
ソニーミュージックエンタテインメント (1991/05/22)
売り上げランキング: 246584
おすすめ度の平均: 5.0
5 ホームアローン2
5 Noribowもイチ押し!(X'mas Category Part3)
5 名作中の名作
posted by 悠 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

アメリ/サウンド・トラック

フランスを舞台とした恋愛映画のサントラです。
これがまた、ホントに楽しい楽しいサントラなのです。何度聴いてもワクワクしてきます。

有名なのは3曲目、11曲目、19曲目の「LA VALSE D'AMELIE」と言う曲。邦題は「アメリのワルツ」です。一度は耳にした事がある音楽ではないでしょうか? 
♪こちらで試聴できます。

LA VALSE D'AMELIEもそうですが、このサントラは心地よいアコーディオンが随所に登場します。さらには、おもちゃの楽器、キラキラ輝くようなピアノなど、まさに”おもちゃ箱をひっくり返したような音楽”というのがピッタリの音楽世界なんです。1曲1曲が実に楽しめます。中でも三拍子の音楽で聴けるメルヘンチックな情緒なんかは、このサントラならでは!久しぶりに新しい音楽世界を堪能させていただきました。

音楽を担当しているのは「ヤン・ティルセン」という人で、これが4枚目のサントラ。「アメリ」で初めて知った方も多いかと思います。私も初めて知りました。
今後に大注目したい作曲家です!

楽しくて、少し哀愁が漂い、それでいて心から癒される!そんな素晴らしいアルバムです。

アメリ
アメリ
posted with amazlet on 07.01.12
サントラ
東芝EMI (2001/10/24)
売り上げランキング: 5938
posted by 悠 at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

僕の彼女を紹介します/サウンド・トラック

クァク・ジェヨン監督の韓国の映画「僕の彼女を紹介します」のサントラです。これは、究極の癒し系サントラです。感動しました。音楽の素晴らしさも映画のヒットに一躍買ったでしょう。

とにかく、全曲通して美しい曲に満ちていて、一度聴いたら忘れられないメロディーもたくさん登場します。深みのあるストリングス。どこかもの悲しいピアノ・・・そんな楽曲に溢れたサントラです。

全曲良いんですよ。とくに、特筆すべき曲がないくらい全部良かったです。下手に癒し系オムニバスアルバム買うより、このサントラを買ったほうが良いくらいです。

私が買ったのはDVDも付いている3枚組みです。
1枚目はいわゆるサントラで、ピアノとストリングスの優しさに満ちた音楽が続き、途中 Maurice Williamsの「Stay」や、サティの「ピデカリー」なんかも入ってます。
演奏ものが中心ですが、X JAPANの名バラード「Tears」や、坂本龍一のシングルにフィーチュアされたことでも知られる、韓国のアーティストMc Sniperの「BK Love」という、美しいポップスも収録され、充実の内容です。Mc Sniperは、いわゆるラッパーですが、よくあるラップ音楽とは一線を画する、哀愁に満ちた作品をたくさん作っています。このサントラで初めて聴いたのですが、色々と他のアルバムも聴いてみたくなりました。X JAPANの曲がオリジナルのまま使用されていますが、韓国の映画に日本語のポップスが使用されるのは、これが初めてではないでしょうか??(調べてみたら初めてだそうです)

2枚目は、韓国の女性シンガー「Youme」のミニアルバム。これがまた、癒されまくる歌声です。1曲目の「風でもいいの」から、もう涙々でございます。ボブ・ディランの「Knockin’ on Heaven’s Door」をカヴァーした2曲目も必聴!ちなみに、1曲目の名バラード「風でもいいの」を作詞・作曲したのはクァク・ジェヨン監督とのこと!!才能多彩な監督です・・・。

ちなみに、DVDには、劇場予告と、PVが入っていました。

大変充実の内容で、大満足です。映画を知らない人でも充分楽しめるアルバムだと思います。韓国音楽界のレベルの高さを思い知らされました。

僕の彼女を紹介します(DVD付)
サントラ エリック・サティ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2004/12/08)
売り上げランキング: 40867
posted by 悠 at 14:34| Comment(2) | TrackBack(1) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

シェルブールの雨傘

6月は梅雨の季節です。そこで、雨にちなんだ美しい音楽を紹介したいと思います。

雨にちなんだ音楽は、探してみるとたくさんあります。クラシック界でもショパンの「雨だれ」やブラームスのヴァイオリン・ソナタ「雨の歌」などロマンティックな名曲がたくさんあります。ポピュラー音楽でも「雨に唄えば」であるとか、カーペンターズの「雨の日と月曜日は」等々たくさんありますね。

特に、日本人は「雨」と密接な生活をしていますから、雨の音楽はとても親しみが持てますし、音楽が描く雨の情景も自然と目に浮かんできます。

さて、数ある雨の音楽の中で、最もロマンティックで美しい曲は?と言われたら、私はミシェル・ルグラン作曲の「シェルブールの雨傘」を挙げたいと思います。この音楽は、フランスの港町シェルブールを舞台にした名画「シェルブールの雨傘」のテーマ曲です。映画自体もミュージカル映画で、全編音楽が散りばめられた素敵な内容になっています。1964年の映画なので、観たことのない人も多いかと思いますが、この音楽は誰もが知っている名旋律ですね。
映画のストーリーは省略するとして、雨の港町に広がる雨傘の情景が浮かぶ音楽になっています。

演奏はムードたっぷりに聴くならポールモーリア!クラシック調に聴くならパールマンのヴァイオリンとジョン・ウィリアムスの指揮による格調高い演奏がオススメです。
両CDとも、名作映画の音楽がたくさん入っていますので、十分に楽しめる内容になっています。

男と女~ポール・モーリア・スクリーン・ミュージック・ベスト・セレクション
ポール・モーリア
ユニバーサルインターナショナル (2002/08/28)
売り上げランキング: 62,114


シネマ・セレナーデ
シネマ・セレナーデ
posted with amazlet on 06.06.17
ウィリアムズ(ジョン)
ソニーミュージックエンタテインメント (2004/11/17)
売り上げランキング: 26,571

こちらで試聴できます
posted by 悠 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(1) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ハリウッド・グレイテスト・ヒッツ

カンゼル指揮、シンシナティ・ポップス・オーケストラによるハリウッド名曲集です。
カンゼルとシンシナティ・ポップス・オーケストラは、映画音楽をメインにしつつ、多方面に数々の魅力的なアルバムを出しています。彼のアルバムはテーマが面白くて、ホラー映画の音楽だけを集めてみたり、アドベンチャー映画の音楽だけを集めてみたり、面白い企画が多いのです。

基本はクラシック寄りで、しっかりしたアレンジ、演奏をします。演奏自体は往年の、フィードラー&ボストン・ポップス・オーケストラに近い印象はありますが、ボストン・ポップス・オーケストラと比べると、さらりと演奏するというか、スマートな演奏とアレンジをしています。

そんなカンゼルの全アルバムのなかで、一番名曲が多く収録されているのがこのアルバムでしょう。「風と共に去りぬ」のテーマから「炎のランナー」のテーマまで、心地良い音楽がいっぱいです。全体的に、明るい選曲で良い気分になれること間違いなしです!「ロミオとジュリエット」の愛のテーマ。「ある愛の詩」のテーマで癒されつつ「ロッキー」のテーマや「ジョーズ」のテーマでウケもばっちりです!
大オーケストラによる映画音楽をたっぷり楽しめますよ!

余談。
カンゼルのCDで1点だけ私があまり好きでない事があります。彼はCDに効果音を入れるのが好きで、やたら効果音がうるさいアルバムがあるのです。
『効果音に注意。音量に注意しないと貴方のオーディオが破損する恐れがあります』
と書かれていたのには、「えええっー!!(汗」でした。
そのCDは何回も聴きましたが、特にオーディオは破損はしませんでしたけどね。(笑

※ちなみに、今回紹介したCDに効果音はありません。

ハリウッド・グレイテスト・ヒッツ
カンゼル(エリック) シンシナティ・ポップス・オーケストラ トリット(ウイリアム)
ユニバーサルクラシック (2002/08/28)
売り上げランキング: 16,189


1.20世紀フォックス映画のファンファーレ(ニューマン)
2.「海賊ブラッド」序曲(コルンゴルト)
3.「風と共に去りぬ」~タラのテーマ(スタイナー)
4.「ベン・ハー」~競技者のパレード(ローザ)
5.「栄光への脱出」テーマ(ゴールド)
6.「ドクトル・ジバゴ」~ララのテーマ(ジャール)
7.「アラビアのロレンス」テーマ(ジャール)
8.「ロミオとジュリエット」~愛のテーマ(ロータ)
9.「007/ゴールドフィンガー」テーマ(バリー)
10.「ある愛の詩」テーマ(レイ)
11.「避暑地の出来事」テーマ(夏の日の恋)(スタイナー)
12.「ジョーズ」テーマ(J.ウィリアムズ)
13.「おもいでの夏」テーマ(ルグラン)
14.「ロッキー」テーマ(コンティ)
15.「愛と追憶の日々」テーマ(ゴア)
16.「愛と哀しみの果て」~メイン・テーマ(バリー)
17.「炎のランナー」テーマ(ヴァンゲリス)
posted by 悠 at 18:12| Comment(2) | TrackBack(1) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「蒼いノクターン」ポール・モーリア

ポール・モーリアといえば、「オリーブの首飾り」に「恋はみずいろ」、「涙のトッカータ」などなど、たくさんの忘れられない演奏があります。
「オリーブの首飾り」は、手品のBGMとして有名になってますよね。もちろん、手品のBGMとして作られた音楽ではないのですが、いつの間にやら手品の定番曲となってしまっています。あちこち調べてみたところ、「松旭斎すみえ」さんというマジシャンが最初にBGMとして使ったのが始まりだそうです。
と、いうことは、「オリーブの首飾り」と手品の組み合わせは日本独特のものなのでしょうか??

そんなポール・モーリアの音楽で私が一番好きなのは「蒼いノクターン」です!気品あふれる佳曲で、目の前に満天の星空が広がるような、美しい一曲です。原題は単に「ノクターン」だったと思いますが、「蒼いノクターン」という邦題は、この曲の雰囲気を見事に表していると思います。夕暮れから夜へ変わるときの、蒼い世界。といった感じでしょうか?

ポール・モーリアのベスト・アルバムはたくさん出ています。どのアルバムも大体収録曲は同じですが、年々音質が改善されてきています。今回ご紹介するCDも、一昔前のベスト版からくらべると、かなり音が良いです!ポール・モーリアファンの方は、是非、最新のベスト・アルバムもチェックしてみてください。

ベスト・オブ・ポール・モーリア
ポール・モーリア
ユニバーサルインターナショナル (2004/03/24)
売り上げランキング: 8,024


1.恋はみずいろ
2.パリのあやつり人形
3.天使のセレナード
4.二つのギター
5.渚の別れ
6.ニューヨーク・ニューヨーク
7.蒼いノクターン
8.真珠とり
9.グァンタナメラ
10.禁じられた遊び
11.悲しき天使
12.ララのテーマ
13.雪のクリスマス(スノウ・デザート)
14.愛のエチュード
15.白い渚のアダージョ
16.星空のプロムナード
17.恋のシャリオ(アイ・ウィル・フォロー・ヒム)
18.嘆き鳥のレジェンド
19.ピアノ・スター
20.涙のトッカータ
21.オリーブの首飾り
22.この夢を永遠に
posted by 悠 at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

「ピアノ・プレゼント」アンドレ・ギャニオン

癒しのピアノの定番と言えばアンドレ・ギャニオン。
彼のピアノはとにかく温かいですよね。
技巧に走ることもなく、本来の曲の良さだけを感じることができます。
特に日本で人気が高く、テレビドラマのBGMでもお馴染みですね。
私が一番好きな曲は「めぐり逢い」!!
何度聴いてもいいですね〜♪
聴く時のよって温かくも聴こえ、悲しくも聴こえ・・・

そんな「めぐり逢い」を含めたアンドレ・ギャニオンのピアノ集を紹介します。
とても品の有る曲がたくさんで聴いていて幸せになりますよ。

ピアノ・プレゼント
ピアノ・プレゼント
posted with amazlet on 05.11.19
アンドレ・ギャニオン
ビクターエンタテインメント (2003/08/21)
売り上げランキング: 8,792

1.プロローグ(心の旅)
2.めぐり逢い
3.恋する時は
4.シネマのように
5.夢で逢えたら
6.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
7.突然の手紙
8.さざ波のように
9.トゥルー・ラヴ
10.ぬくもりにふれて
11.印象物語
12.蒼い夜
13.溢れる愛のなかでも
14.美しい日々
15.エピローグ(まどろみのなかで)


posted by 悠 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。