2007年06月15日

砂の器/オリジナル・サウンドトラック

「砂の器」は、松本清張さんの小説が原作で、これまで4回もドラマ化されているそうです。
この作品のドラマ化では「ピアノ協奏曲」が毎回注目されます。音楽担当の作曲家の手腕が問われます。
調べてみると、一作目では菅野光亮作曲、演奏は東京交響楽団。さらに音楽監督には芥川也寸志など、豪華メンバーですね。ピアノ協奏曲の出来がドラマの印象を決定すると言っても過言ではないでしょう。

今回紹介するのは、一番最近の4作目。2004年版のサントラです。
こちらのメンバーは、作曲が千住明さん。演奏が日本フィルハーモニー交響楽団。そしてピアノが羽田健太郎さんです。

さて、そのピアノ協奏曲ですが、千住さんの話しによると、作曲期限が一ヶ月しか頂けなかったとのこと。
オーケストレーションなど、物理的に時間のかかる作業が多いピアノ協奏曲において一ヶ月というのは、そうとう過酷なスケジュールになったようです。そもそも千住さんにとってもピアノ協奏曲は初の作曲ですし、研究も兼ねて、もっと時間はほしかったかもしれません。

そんな中でできたピアノ協奏曲「宿命」ですが、評判は微妙ですね〜・・・。
まず、全二楽章です。もちろん、ドラマ的に第三楽章が必要なかったのかもしれませんが、そこはちょっと物足りない気はします。
あと、非常にムード音楽的で、聴いた感じクラシックのピアノ協奏曲という感じはありません。
この点が、よく批判されていますが、千住さんと羽田さんという、どちらかというとイージーリスニングやムード音楽を得意とする二人によるピアノ協奏曲ですので、それを踏まえた上で楽しめば良いと思います。

千住さんのファンや、羽田健太郎さんのファンとして聴くと、二人の魅力を存分に生かした、とてもすばらしいコンチェルトに仕上がっていると思いますよ。

メロディーも美しいですね。 ピアノ協奏曲内で使われる主題が三曲目の「幻の影」でストリングス演奏されますが、この往年のムード音楽を思わせるような甘美なメロディーは数ある千住メロディーの中でもピカイチです。

賛否両論の作品ではありますが、千住さん、羽田さんファンの私としては充分楽しめた一枚です。

砂の器
砂の器
posted with amazlet on 07.06.15
千住明 羽田健太郎 小松長生 日本フィルハーモニー交響楽団 TVサントラ
ユニバーサルJ (2004/03/03)
売り上げランキング: 4856
posted by 悠 at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

春から初夏にかけて、いつも聴きたくなる名作です。
第1番というからには、第2番もあるのですが、そちらはほとんど聴く機会がありません。
圧倒的に第1番が有名です。

そしてこの曲をここまでポピュラーにしてるのは何と言っても冒頭の名旋律です!まず、聴いた事のない人はいないのではないでしょうか?
金管による豪快なイントロのあとに出てくるピアノ&ストリングスの雄大な旋律は、圧巻の他ありません。何度聴いても胸が熱くなります。

このように、素晴らしい名作ではありますが、少し残念な点もあります。もったいない事に、この名旋律が聞けるのは冒頭だけなんです。第一楽章だけでも20分あるのですが、感動的な冒頭の序奏部が終わると、かなりイメージの異なる主部に入って行きまして、あとはずっと冒頭が再現されることもなく音楽が続いていきます。
初めて全曲聴いた時に、がっかりしたのを覚えています。

あくまで、冒頭の旋律は「序奏」であって、その後に出てくるほの暗くリズミカルなピアノの旋律が第1主題になるので、しょうがないと言えばしょうがないのですが、できれば冒頭の旋律の方を主題にしてほしかったかなぁ。。。

しかし、何度も聴くと、冒頭以降の音楽、続く第二楽章、第三楽章も充分美しく、チャイコ節満載の名作ですね。序奏部のインパクトに隠れがちですが、後に出てくるクラリネットの第2主題もロマンに満ちた名旋律です。第二楽章でもチャイコフスキーお得意の甘美なメロディーが健在で、第三楽章で聴ける色彩的で夢見心地なオーケストレーションも見事です!

ところで、チャイコフスキーの音楽は、あま〜いメロディーを前面に出した作風のため、ちょっと軽く見られがちですが、音楽としてはかなり独創的です。
メロディーも何気なく半音階を多用しており、オーケストレーションも弦楽器を3オクターブフルに使ってメロディーを演奏させたりと、独特なテクニックが多い作曲家なんですね。さらには無調音楽的な要素を所々に取り入れたりもしています。当時のクラシック音楽にしては、相当斬新な事をやっている作曲家なんですよ。

チャイコフスキー:P協奏曲第1
アルゲリッチ(マルタ) バイエルン放送交響楽団 チャイコフスキー コンドラシン(キリル)
ユニバーサルクラシック (1993/10/16)
売り上げランキング: 97788
posted by 悠 at 15:02| Comment(2) | TrackBack(1) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

17のワルツ/ショパン

ピアノの詩人ショパン。
そのショパンの作品の中で、一番ショパンらしいのが、このワルツ集ではないでしょうか?ショパンのワルツは全部で17曲ありますが、どれも短く、1分〜長くても5分程度です。よって、1枚にCDにすべて収まりますので、気軽に全曲聴くことができます。
ショパンの作品の中では、「ノクターン」とならんで、大好きです!

ショパンのワルツは、「小犬のワルツ」や「華麗なる大円舞曲」など、華やかな名曲も多いですが、実際全部通して聴くと、とても美しく、またメランコリックな作品が多いですね。踊りのための作品というよりは、鑑賞用の作品であるように思います。
特に、第3番、7番、10番、12番、14番と、短調の作品もいくつかあり、これが非常に魅力的!ショパン特有の甘く切ないメロディーが満開ですね。ワルツの流れるようなテンポで、哀しみや切なさが胸に迫ってくるような思いです。
これは、ノクターンにはない魅力です。

最近私がよく聴く演奏はフランスのピアニスト「ルイサダ」の演奏です。
ショパンのワルツに関しては、定評があるみたいですね。
他のピアニストと比べると、テンポの取り方もメロディーの弾き方も自在で即興的!まあ、この演奏に合わせてワルツを踊るのは無理かなぁ。とは思うのですが、鑑賞するには面白い演奏です。
この演奏を聴くと「ショパンのワルツ」の印象が覆るかもしれません。

一度は聴いておきたい演奏です。

ショパン:ワルツ集
ショパン:ワルツ集
posted with amazlet on 07.04.12
ルイサダ(ジャン=マルク) ショパン
ユニバーサルクラシック (2006/11/08)
売り上げランキング: 1387
posted by 悠 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

Piano StoriesII /久石譲

久石さんの人気シリーズ「ピアノ・ストーリーズ」から第2作目。
タイトルが「ピアノ・ストーリーズ」なので久石さんのピアノ・ソロアルバムと思ってしまいますが、実際はピアノだけではなくて、ストリングスとの共演になります。

ストリングスの他にもギターやオーボエ、フルート等をほどよく交えた感じで、久石さんの音楽を聴く上では、一番心地よいサイズの編成ではないでしょか。曲目も「隠れた名曲」的な作品のオンパレードで、聞けば「ああ、知ってる」という作品が多いですね。
とにかく、このアルバムに関してはメロディー!の宝庫です。
最近の久石さんの曲は、幾分理屈っぽくなってしまって、キャッチーなメロディーも影を潜めつつある感じですが、このアルバムが発売された頃(96年)は、メロディーとアレンジのバランスが良く、私の心にヒットする作品が多いんです。

久石さんは、昔からメロディーメーカーとして有名ですが、このアルバムは、その最高傑作ではないでしょか。こういうメロディーがなんで思い浮かぶんだろう??と、不思議です。
3曲目の「エイジアン・ドリーム・ソング」なんて、一回で覚えられるほどの分かりやすい旋律でありながら、何度聞いても深い感動を与えてくれます。

また、久石さんはメロディーの美しさを際立たせるのも得意ですね。
2曲目の「サンデイ」は、ピアノのメロディーをアルペジオ風にして演奏しています。これが凄く好きです。水辺の細波のような、ゆらぎのような効果があります。ただ、メロディーだけを弾いたら、こんなに素敵な曲にはならなかったでしょう。

もう1つ、裏メロ(主となるメロディーの裏で流れてる別のメロディ)も久石さんは天下一品です。なんの違和感もない裏メロをここまで書けて、その効果を充分に発揮できるアレンジができるってのは、プロの作曲家でも難しい技だと思います。これ、プロでも下手な人は下手ですからね(笑

これが久石さん上手いんですよ。有名どころでは「ラピュタ」のテーマなんか裏メロが大活躍ですね。
久石さん独特の濃厚なムードは、メローディーだけではくて、その影でやってる色々な技法にもあるんですね。

Piano StoriesII
Piano StoriesII
posted with amazlet on 07.04.02
久石譲
ポリドール (1996/10/25)
売り上げランキング: 10986
posted by 悠 at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 「悲愴」

さて、今回は悲愴ソナタです!
有名なのは第二楽章ですね。ポピュラー音楽にもアレンジされたり、とても人気が有ります。しみじみとしたメロディーが胸を打つ名曲です。
よく、ベートーヴェンはメロディーを作るのが上手じゃなかった・・・なんて話を聞きますが、この楽曲を聴く限り、まったくそんなことはないと思います。
何度聴いてもメロディーの美しさには感動しますし、ベートーヴェンらしい深い味わいのある曲ですので、聴くほどに新たな発見があります。

ベートーヴェンの曲は、定番の演奏が多いような気がします。
交響曲も奇数番号はフルトヴェングラーが定番になっているのが多いですし、ピアノ・ソナタの大部分は、バックハウスの演奏が最高とされてたり・・・。
特に、バックハウスはあまりに名盤の定番になりすぎて、私なんか、他の演奏のCDを選択することがあまりありません。

でも、たまには他の演奏も!と、いうことで、今回のオススメはルドルフ・ゼルキン、59歳の時の「悲愴」です。このCDには「月光」「熱情」といった3大ソナタも収められています。
いずれの曲でもバックハウスとは異なる、非常にロマンティックな名演奏を聴かせてくれます。
バックハウスが古典派!!的な堅い演奏なら、ゼルキンはロマン派を感じさせる幻想的な演奏です。
特に、月光の第一楽章、悲愴の第二楽章は演奏時間がバックハウスより1分程度長く、しみじみと曲の内面を描きだしています。
これは、本当に美しい演奏です。(ただし、他の楽章はかなり早いテンポです)

以前、バックハウスの月光ソナタを紹介した時に、「月光というより、雨の夜を思わせる音楽」なんて書いてしまいましたが、ゼルキンの演奏で聴く月光は、まさに月光です。
この曲は詩人のレルシュタープが「スイスのルツェルン湖の月光に揺れる小舟のようだ」と評したことから「月光」と呼ばれるようになったのですが、まさにそのとおりの演奏だと思います。情景が目に浮かびます。
悲愴の第2楽章も、どこか寂しさ漂う演奏で、聴いていて切なくなってしまいす。
中間部もテンポが速くなることはなく、終始穏やかに演奏されています。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ
ゼルキン(ルドルフ) ベートーヴェン
ソニーミュージックエンタテインメント (1995/10/21)
売り上げランキング: 282


1. ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op.13「悲愴」
2. 同第14番嬰ハ短調op.27―2「月光」
3. 同第23番ヘ短調op.57「熱情」
4. 同第24番嬰ヘ長調op.78
posted by 悠 at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調「月光」 ベートーヴェン

「月光の曲」として、第一楽章が有名になっている曲です。
この第一楽章のほの暗くもロマンティックな音楽は、数あるピアノ曲の中でもベストです!
本当に綺麗な曲ですね。 後世の人がその美しさから「月光」というタイトルを付けました。
ベートーヴェン自身が月光を意識して作った曲ではないようです。

私はこの曲には、月光というより、夜に降る雨のイメージがありますね。
雨ですから当然月は見えないのですが、何度聴いても左手の伴奏が雨音に聞こえてしょうがないのです。メロディーも雨の雫が落ちるようにターンタタン ターンタタンと始まるのですが…。どうでしょう? 
曲調も暗く、夜の雨をいつもイメージしてしまいます。月光とは正反対のイメージですけどね。

演奏は有名なバックハウスの演奏をオススメします。このCDには「悲愴ソナタ」も入っていてこちらも名演奏です。悲愴ソナタの第二楽章も、これまた美しい名曲ですので是非お聴きください。

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集
バックハウス(ヴィルヘルム) ベートーヴェン
ユニバーサルクラシック (2001/04/25)
売り上げランキング: 9,880


1.ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op.13「悲愴」
2.ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2「月光」
3.ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op.53「ワルトシュタイン」
4.ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op.57「熱情」
posted by 悠 at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

「ピアノ協奏曲第2番」ラフマニノフ

私がクラシックの作曲家で好きな人を選ぶとしたらラフマニノフが入りますね。
しかしながら、ラフマニノフの曲で好きな曲と言うのはそんなにないんですよ。
好きなのは、この「ピアノ協奏曲第2番」と「ヴォカリーズ」。「交響曲第2番」と「パガニーニの主題による変奏曲」。
この4曲だけで大好きな作曲家です。
そのくらいこの4曲は私にとって特別な音楽ですね。

ラフマニノフといえば、とにかくメロディーがロマンティック!
中でもピアノ協奏曲第2番の第2楽章は本当に夢のような曲です。
この曲は秋がピッタリだと思います。枯葉の散る情景が目に浮かびます。
こんなに切ない曲もなかなかありませんよね?

演奏はリヒテル(ピアノ)盤があれば他の演奏は要らないような気がします。
運良く、初めてこの曲を聴いたCDがリヒテル盤で、以後どの演奏を聴いてもこれ以上の演奏はありませんでした。結局、10年以上リヒテル盤を愛聴しています。
1959年の録音なので、若干音質が悪いかもしれませんが、それでもこのCDがベスト1です!

ラフマニノフ:P協奏曲第2番
リヒテル(スヴャトスラフ) ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 ヴィスロツキ(スタニスラフ) ラフマニノフ
ユニバーサルクラシック (2000/06/24)
売り上げランキング: 67,049


ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18
前奏曲第12番ハ長調op.32-1
前奏曲第13番変ロ短調op.32-2
前奏曲第3番変ロ長調op.23-2
前奏曲第5番ニ長調op.23-4
前奏曲第6番ト短調op.23-5
前奏曲第8番ハ短調op.23-7



posted by 悠 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

「ピアノ協奏曲」マイケル・ナイマン

映画「ピアノ・レッスン」の音楽で一躍知られるようになったマイケル・ナイマンですが、そのピアノ・レッスンの音楽を元に作られたのがこのピアノ・コンチェルトなのです。
作曲されたのは1993年ですが、いわゆるゲンダイオンガクとは違って親しみやすい作品になっています。
映画同様、ナイマンの雄大で哀愁ある旋律と、独特のスピード感が素晴らしいですね。

限られた範囲でしか作ることのできない映画音楽にくらべて、ピアノの技巧面や、使われる管弦楽が多彩になっています。
全体は4つの部分から成りますが、休みなく演奏されるのが特徴です。

ナイマンはピアノレッスンの音楽をスコットランド民謡からヒントを得て作ったそうです。
全体に流れる雄大にして哀愁ある響きはそんなところから来ているのかもしれませんね。
ただ、映画の時とはかなりアレンジが違うため、サントラ感覚で聴くのはあまりお勧めできません。
あくまで、一つのピアノ協奏曲作品として聴くと良いですよ!

マイケル・ナイマン:P協奏曲
マイケル・ナイマン アルスター管弦楽団 サイモン・ハラーム ジョン・レネハン 湯浅卓雄
アイビィー (1998/10/01)
売り上げランキング: 79,272





posted by 悠 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

「ノクターン」ショパン

私の大好きなショパンです。
「ノクターン」という曲は様々な作曲家が作っていますが、ほとんどの方が「ノクターンと言えばショパン!!」と答えるのではないでしょうか?

「ノクターン」とは日本語で「夜想曲」と言うとおり、静かな夜の音楽です。
ピアノの詩人と言われたショパンにはピッタリのジャンルでしょう。
ショパンのノクターンは全部で21曲あります。
どれも名作揃いで、映画にも使われて有名な♪第20番♪テレビなんかで良く耳にする♪第2番♪等、美しい楽曲がいっぱいですよ。

演奏はクラウディオ・アラウ。
ベートーヴェン弾きとしても知られるアラウのショパンは、奥が深いです。
ゆっくりとしたテンポで一つ一つの音に心を込めて弾いてくれます。
少し悲しいショパンですが、老巨匠ならではの演奏ですね。
ショパン弾きとして有名なルービンシュタインの演奏が春の夜のノクターンだとしたら、アラウは晩秋の夜のノクターンではないでしょうか。
全21曲の中からの抜粋です。

ショパン:ノクターン集
アラウ(クラウディオ) ショパン
ユニバーサルクラシック (1996/06/05)
売り上げランキング: 4,094

1.ノクターン第1番変ロ短調op.9-1
2.同第2番変ホ長調op.9-2
3.同第3番ロ長調op.9-3
4.同第4番ヘ長調op.15-1
5.同第5番嬰ヘ長調op.15-2
6.同第6番ト短調op.15-3
7.同第7番嬰ハ短調op.27-1
8.同第8番変ニ長調op.27-2
9.同第9番ロ長調op.32-1
10.同第10番変イ長調op.32-2
11.同第15番ヘ短調op.55-1
12.同第16番変ホ長調op.55-2
13.同第20番嬰ハ短調遺作
14.同第21番ハ短調遺作




posted by 悠 at 19:32| Comment(3) | TrackBack(3) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

「ジムノペディ」サティ

癒しの定番といえばサティのジムノぺディだと思います。

サティは1866年〜1925年に生きたフランスの作曲家です。主にピアノ曲をたくさん作りました。
代表曲が3曲ある「ジムノペディ」と6曲ある「グノシエンヌ」という曲。
特に「ジムノペディ」の癒し効果はあらゆる音楽のベスト1だと思います。
有名曲なので知ってる方も多いと思いますが、よくクリスタルや宝石に例えられる繊細な曲です。

私はこの曲が好きで、CDも色々種類を持っていますが、一番好きな演奏はデ・レーウというサティ弾きの演奏。
とにかくベイリースローな♪ジムノペディ♪です。下手すると眠くなるくらい遅いテンポの演奏です(笑)
このCDには♪グノシエンヌ♪も収録されていますが、こちらも通常の倍近くスローなテンポです。
でも、単に遅いだけでなくて、他のどのピアニストよりも一つ一つの音を大事に弾いているところが良いですね。
サティを知らない方や、デ・レーウのサティを知らない方は是非聴いてみて下さい。
心が落ち着きますよ!

サティ:ジムノペディ
サティ:ジムノペディ
posted with amazlet on 05.10.26
レーウ(ラインベルト・デ) サティ
ユニバーサルクラシック (2005/06/22)
売り上げランキング: 47,761

1.6つのグノシェンヌ
2.4つのオジーヴ
3.舞踏への小序曲
4.3つのサラバンド
5.3つのジムノペディ

真面目!?な演奏ではサティと同じフランスのピアにスト、パスカル・ロジェの演奏がいいですね。デ・レーウと比べるとかなり早いテンポの♪ジムノペディ♪です。

3つのジムノペディ~サティ・ピアノ作品集
ロジェ(パスカル) サティ
ユニバーサルクラシック (2003/06/25)
売り上げランキング: 6,335

1.ジムノペディ第1番
2.ジムノペディ第2番
3.ジムノペディ第3番
4.おまえが欲しい
5.4つのしまりのない前奏曲(犬のための)
6.あやなす前奏曲
7.4番目の夜想曲
8.古い金貨と古い鎧
9.ひからびた胎児
10.グノシエンヌ第1番
11.グノシエンヌ第2番
12.グノシエンヌ第3番
13.グノシエンヌ第4番
14.グノシエンヌ第5番
15.グノシエンヌ第6番
16.官僚的なソナチネ
17.ピカデリー


posted by 悠 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(1) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。