2005年11月29日

FURUSATO 2 〜古里〜

郷愁オムニバスシリーズ第二弾です。
和みます。
このCDは和みます。
実は、第二弾なのに前作と同じ曲が入ってますよね。
久石譲さん作曲の「風のとおり道」とか。
勿論演奏者が違うんですけど、このシリーズは同じ曲の違う演奏者ヴァージョンがけっこうあります。
でも、演奏によって全然雰囲気が変わってくるんですよね。
演奏の面白さを味わうこともできるシリーズなんです。
前作は藤原真理さんのチェロによるクラシカルな演奏の「風のとおり道」でしたが、今回は高嶋ちさ子さんのヴァイオリンによるスローでヒーリング的な演奏になっています。
あと、最後に2曲、千住明さんの曲が入っています。
これは千住さんの代表作「日本 映像の20世紀」の中の曲でこのシリーズのテーマでもあるんです。
全シリーズ通して、千住さんの「日本 映像の20世紀」の曲がたくさん使われているんですね。
これが、とっても良い曲なんですよ。
特に、このCDにも収録されている「夕焼けの空に」(歌:分家かな) なんて良い味出ていますよね〜。
耳に残る名旋律だと思います。

「FURUSATO 2 ~古里~」公式サイトこちら⇒http://columbia.jp/furusato2/

FURUSATO 2 ~古里~
FURUSATO 2 ~古里~
posted with amazlet on 05.11.29
ヒーリング 幸田聡子 加藤真一郎 高木綾子 丸山和範 ジャー・パンファン 飛澤宏元 天野滋 円山天使 村松健
コロムビアミュージックエンタテインメント (2002/03/30)
売り上げランキング: 19,602

1.いつも何度でも(幸田聡子)
2.春よ,来い(高木綾子)
3.大空と大地の中で(ジャー・パンファン)
4.夕暮れ時はさびしそう(天野滋,幸田聡子)
5.春の野を行く(村松健)
6.la pioggia(久石譲)
7.THE END OF ASIA(坂本龍一)
8.風の通り道(高嶋ちさ子)
9.こむぎいろの天使(宗次郎)
10.紅葉の道(冨田勲)
11.ねんねんふるさと(デュオ・プリマ)
12.ユーラシアン狂詩曲(マリオネット)
13.新日本紀行(仙波清彦with笹路正徳)
14.早春賦(藤原道山)
15.美少年には神が宿る(天山)
16.愛と青春の宝塚(加羽沢美濃)
17.日本 映像の20世紀(Main Title)(千住明)
18.夕焼けの空に(千住明,分家かな)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9980050

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。