2007年07月08日

姫神〜 炎-HOMURA- 〜

姫神という音楽グループのアルバムです。
主にシンセサイザーを駆使した作品を東北より発信し続けていて、作品内容も日本的、土俗的で「北人霊歌」と呼ばれています。

グループと言いましたが、メンバーは何度か変わっていて、創設者とも言える星 吉昭さんのソロだった時代もあります。現在は星 吉昭さんが亡くなりまして、息子の星 吉紀さんが活動しています。
1997年に、女性ヴォーカルを取り入れた「神々の詩」のテーマ曲が大ヒットしましたので、その曲のイメージが強いかと思います。以後、姫神ヴォイスとして、女性ヴォーカルを取り入れた作品も多くなりました。

今回紹介するアルバムは「炎 -HOMURA-」という1993年発売のアルバムです。まだ、姫神ヴォイスは登場しておらず、シンセサイザーオンリーの、非常にエネルギッシュな作品に仕上がっています。

私は、このアルバムを聴いて姫神のイメージが変わりました。
実は、私は姫神と言うと「神々の詩」くらいしか聴いたことがなく、あの一曲で姫神の作風を勝手に決めつけてしまっていたように思います。しかし、このアルバムを聴いたところ、その音楽の幅の広さに驚きました。シンフォニックな作品から、サスペンス映画のBGMのような曲まで色々です。

いずれも、驚くほど精密に書かれており、しばし聞き惚れてしまいました。シンセサーザーならではの効果もバツグンで、音にすごく立体感があります。その響きを堪能するにはスピーカーで聞くよりはヘッドフォンで音量をおもいっきり上げて聴くことをオススメします。

残念なのは、10数年も前のアルバムゆえ、シンセサイザーの性能も低く、最新のリアル音源に慣れてしまった現代では、少し安っぽく聞こえてしまうことですね。

炎‐HOMURA‐
炎‐HOMURA‐
posted with amazlet on 07.07.08
姫神
ポニーキャニオン (1993/11/03)
売り上げランキング: 135022
posted by 悠 at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姫神といえば,神々の詩しか頭に浮かびませんが,こんなアルバムも出しているのですね.
実は,最近家の近くのTSUTAYAが閉店しちゃって,新曲を入手しづらくなってしまいました.
新しい店を開拓しなくてなりません.
Posted by at 2007年07月14日 18:53
こんにちは。

私も、「姫神=神々の詩」というイメージが強く、このアルバムで初めて他の作品を聴きました。
神々の詩とは、まったく印象の違う、聴き応えがある作品ですよ!
Posted by 悠 at 2007年07月15日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47110770

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。