2007年06月22日

ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」

梅雨の時期になりました。
芸術家にとって「雨」は重要な題材だと思います。
音楽の世界でも、雨にまつわる作品は多いですね。名曲もたくさんあります。
雨の降る幻想的な情景は創作意欲を刺激するのかもしれません。

私が最近、雨の日に聴きたくなる音楽がブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」です。
特に、第1楽章が「雨の歌」というタイトルにピッタリの名品で、よく、この楽章だけ取り出して聴いたりしています。
ピアノの雨音を思わせるような美しい和音にのって、ヴァイオリンが伸びやかにメロディーを歌い上げていきます。
メランコリックというよりは、いくぶんの爽やかさを持っていて、憂鬱な雨の日というよりは、雨の美しさ、雨に浮かぶ自然の美しさをイメージさせてくれます。

ブラームスの作品の中でも、もっとも心地よい一曲ではないでしょか。
この曲を聴くと、雨の日もいいなぁ。と思えるかもしれませんよ!

ちなみに、ブラームスは青年時代から「ヴァイオリン・ソナタ」に取り組んでいました。
しかし、その作品のほとんどは自らの厳しい自己批判で破棄してしまったそうです。
なので、「第1番」と言えども、満を持した名作になっています。
交響曲第1番に至っては21年も費やして完成させていますし、ブラームスは相当な完璧主義者ですね〜。

ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番&第2番&第3番
ムローヴァ(ヴィクトリア) アンデルジェフスキー(ピョートル) ブラームス
ユニバーサルクラシック (2006/04/12)
売り上げランキング: 3917

この記事へのコメント
この曲は久しく聴いていませんが、江藤俊哉さんの演奏のLPレコードを持っています。
良い意味での「渋い」曲ですね。
いぶし銀のような感じでしょうか?
でも、ロマンティックな面もあるんですけどね。
Posted by coollife at 2007年06月23日 22:27
coollifeさんへ

こんにちは。
たしかに、ロンティックな面と、渋さとを持ち合わせた音楽ですね。
とても味わいのある曲です。
こういう雰囲気はブラームスならではですね!
Posted by 悠 at 2007年06月24日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。