2007年05月31日

チャイコフスキー/交響曲第5番

チャイコフスキーは7つの交響曲を書いています。1番〜6番「悲愴」までの番号のついた6つの交響曲と、ベルリオーズの幻想交響曲に非常に近い性格を持った「マンフレッド交響曲」です。その中で私が一番好きなのが第5番の交響曲です。

第6番「悲愴」ほど暗くなく、第4番ほど軽くなく。。。といった感じで、とても充実した内容になっています。全編、とてもメロディーが分かりやすく、大作ではありますが、それほど聴いていて難しくは感じません。雄大なロマンが満載で、ロシア的な空気も満喫できます。

私はこの曲が好きで、演奏会にも何回か聴きに行きましたが、私の中では決定的な名演奏があります。あまり、ほかの方がこの演奏を評価しているのを知らないのですが、私の中ではベスト1です。それは、ロストロポーヴィチ指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。1976年の演奏!

ロストロポーヴィチは、先日亡くなった大巨匠といえるチェロ奏者です。チェロの名演奏も数限りなくありますが、指揮者としても活躍していました。
そのロストロポーヴィチが指揮した第5番は、とにかくチャイコフスキーの甘美な情緒とメランコリックな情緒を最大限に表しています!

ちなみに、この曲はムラヴィンスキーの指揮が評判がよいですね。ムラヴィンスキーは甘さを抑え、メランコリックさも抑え、非常に鋭く、ロシアの凍てつく冬のような厳しい演奏をします。聞き手を飽きさせない、その颯爽とした曲運びは見事なもので、私も好きな演奏です。しかし、それがチャイコフスキーらしいかというと、ちょっと疑問です。

本来のチャイコフスキーは、やはりロマンに沈み込むような甘さと、憂鬱な情緒が特徴だと思うんです。そのチャイコフスキーの特徴を充分に活かした演奏がロストロポーヴィチの第5だと思います。
ムラヴィンスキーとは真っ向正反対の演奏ですが、私は好きです。

第一楽章の出だし、クラリネットのメロディーをここまで憂鬱に演奏している例も他にはないと思いますし、第二楽章も、ここまでゆったりとしみじみメロディーを歌い上げた指揮者はいないのではないかと思います。全楽章、非常にテンポが遅く、早いテンポのムラヴィンスキーとは別の曲のように響きます。(ムラヴィンスキーとくらべると、どの楽章も3分程度演奏時間が長くなっています)
最終楽章もスケールの大きさよりも、メロディーの甘さの方が強調されています。

と、いった感じで、メロメロなチャイコフスキーが好きな方には、とてもオススメできる演奏です!ちょっと、入手困難なCDですが、濃厚なチャイコフスキーの世界を堪能できると思います。

チャイコフスキー:交響曲第5番
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 チャイコフスキー ロストロポービッチ(ムスティスラフ)
東芝EMI (1999/09/22)
売り上げランキング: 82814
この記事へのコメント
チャイコフスキーの5番は私も大好きです。
確かにメロディーの美しさは7曲の中で最高かもしれませんね。
あ、1番(冬の日の幻想)のメロディーもきれいですけどね。
残念ながらロストロポービッチの演奏は聞いた事がないので聴いてみたいですね。
Posted by coollife at 2007年06月02日 23:10
こんにちは!

第一番も美しさでは負けてませんね。
「冬の日の幻想」というタイトルも素敵だと思います。
ロストロポーヴィチは、チャイコフスキーの交響曲をすべて録音しているみたいです。廃盤が多いのですが、なんとか全部聴いてみたいです。
Posted by 悠 at 2007年06月03日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43492860

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。