2007年05月08日

ルロイ・アンダーソン名曲集

ゴールデンウイークにピッタリ!?な音楽はないかなぁ。と考えてみました。
休暇にリラックスして楽しく聴ける音楽・・・
そこで、真っ先に浮かんだのがアメリカの作曲家「ルロイ・アンダーソン」の作品の数々です。『トランペット吹きの休日』や『タイプライター』『そり滑り』などの軽快なオーケストラ曲が多いですね。

どの曲もユーモアに溢れていて、実際のタイプライターの音を使ったり、紙やすりを使った曲なんかもあります。聞き手も演奏者も楽しめる曲が多いように思います。
『踊る仔猫』なんかは、実際の猫の鳴き声を入れたCDがありました。
演奏者側のユーモアも問われますね。

私は長らくスタンリー・ブラック指揮、ロンドン交響楽団の演奏(現在は廃盤)と、ボストンポップスオーケストラの演奏ばかり聴いていて、他の演奏も聴きたいのですが、どうにもしっくり来る演奏がありません。

そんな折り、なかなか変わった演奏を見つけました。
レナード・スラットキン指揮、セントルイス交響楽団の演奏です。
この演奏は、非常に洗練されたアンダーソンで、クラシック音楽としてしっかりと演奏しています。
先ほど、演奏者側のユーモアも問われると書きましたが、これは真面目に演奏して成功した珍しいCDではないかと思います。(ジャケットはユーモアたっぷりですが・・・)
ひとつの手抜きもなく気品ある演奏がされていて、結構新鮮でした。
あと、日頃あまり聴く機会が少ない隠れた名曲もたくさん収録されています。
愉快な曲から、感動的な曲までアンダーソンのいろいろな側面を知ることができるアルバムです。

トランペット吹きの休日 〜ルロイ・アンダーソン・ベスト・ヒット
セントルイス交響楽団 アンダーソン スラットキン(レナード)
BMG JAPAN (1999/11/20)
売り上げランキング: 674
この記事へのコメント
興味深そうなアルバムですね。
アンダーソンの曲では、シンコペーテッドクロックが好きなので、是非聴いてみたいです。
Posted by coollife at 2007年05月13日 02:09
coollifeさんへ

シンコペーテッドクロック良いですよね。
昔、小学校で朝、この音楽が流れていました。
そのせいか、いまだにこの曲を聴くと朝のイメージがします。
Posted by 悠 at 2007年05月13日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41161448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。