2007年04月13日

17のワルツ/ショパン

ピアノの詩人ショパン。
そのショパンの作品の中で、一番ショパンらしいのが、このワルツ集ではないでしょうか?ショパンのワルツは全部で17曲ありますが、どれも短く、1分〜長くても5分程度です。よって、1枚にCDにすべて収まりますので、気軽に全曲聴くことができます。
ショパンの作品の中では、「ノクターン」とならんで、大好きです!

ショパンのワルツは、「小犬のワルツ」や「華麗なる大円舞曲」など、華やかな名曲も多いですが、実際全部通して聴くと、とても美しく、またメランコリックな作品が多いですね。踊りのための作品というよりは、鑑賞用の作品であるように思います。
特に、第3番、7番、10番、12番、14番と、短調の作品もいくつかあり、これが非常に魅力的!ショパン特有の甘く切ないメロディーが満開ですね。ワルツの流れるようなテンポで、哀しみや切なさが胸に迫ってくるような思いです。
これは、ノクターンにはない魅力です。

最近私がよく聴く演奏はフランスのピアニスト「ルイサダ」の演奏です。
ショパンのワルツに関しては、定評があるみたいですね。
他のピアニストと比べると、テンポの取り方もメロディーの弾き方も自在で即興的!まあ、この演奏に合わせてワルツを踊るのは無理かなぁ。とは思うのですが、鑑賞するには面白い演奏です。
この演奏を聴くと「ショパンのワルツ」の印象が覆るかもしれません。

一度は聴いておきたい演奏です。

ショパン:ワルツ集
ショパン:ワルツ集
posted with amazlet on 07.04.12
ルイサダ(ジャン=マルク) ショパン
ユニバーサルクラシック (2006/11/08)
売り上げランキング: 1387
posted by 悠 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38629109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。