2007年02月27日

あすなろ白書/センス

ちょっと古いですが、ドラマ「あすなろ白書」のサントラです。
音楽担当はセンス。ちなみに、正式には「S.E.N.S.」と書きます。

このセンスは男女二人のユニットで、インスト曲メインに活躍しているちょっと珍しいユニットです。
「風や波の音と同じ種類の音楽を創り続ける」というのが、キャッチコピーみたいで、一貫して癒し系の作品を作っていますね。

とかく、ドラマのBGMに関しては、ものすごい数の作品を作っております。ドキュメンタリー番組のBGMも、相当あり、まさにBGMの大家といって良いのではと思います。
センスの音楽は、キャッチコピーにもあるように、風や波のように、すーっと心の中に響いてきますので、映像の邪魔をすることなく、それでいて効果的にドラマを盛り上げることができます。この場面でこんな音楽が流れたら自然だろうなって音楽を作ってくれます。
海で波の音が聞えるくらい自然な音なんですよね。

センスは、ベストアルバムもいくつか出していますが、このユニットの魅力はサントラです。ベストアルバムを聴くより、ひとつのドラマのサントラを聴いたほうが断然センスの魅力が良くわかります。

中でも、最高傑作の呼び名が高いのが、この「あすなろ白書」のサントラ。どの曲も最高に優しく、美しく、まさにセンスの良さ極まった感じです。
1曲目の「プロローグ」のストリングスの美しさ、続く2曲目「レクイエム~行ってしまった朝~」のもの悲しいコーラスの出だしと、繊細なピアノ!センスの音楽の魅力がいっぱいです。5曲目は多少緊迫感のあるピアノですが、それでもバッグに流れるストリングスのハーモニーの美しさに、センスらしさがあり、聞き惚れてしまいます。
センスのアルバムの中で、まっさきにオススメしたいと思います。

あすなろ白書〜TVサントラ
S.E.N.S.
ファンハウス (1993/11/01)
売り上げランキング: 74934
posted by 悠 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | インスト>邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34809084

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。