2007年02月19日

Symphonic Best Selection/久石譲

最近、聴いてみた一枚です。久石さんの映画音楽を集めたシンフォニックな内容。
と、いっても初回リリースは古くて、1992年。よって、選曲もそこそこ昔の映画になります。

このアルバムの最大の特徴はライヴ録音ということです。
よって、拍手等も収録されていますが、ライヴならではの緊張感、高揚感がたまりません。オーケストラは、久石さんとコンビを組むことも多い、新日本フィルです。

ライブであるにもかかわらず、オーケストラの音も鮮明に響き、久石さんのアレンジの上手さが伝わってきますね。
内容は、名作「ナウシカ組曲」にはじまり、アルバム「I am」「MY LOST CITY」「MELODY FAIR」からの選曲になります。

このアルバムの聴き所は、あまり他のアルバムに収録されない
「レスフィーナ」や「タスマニア物語」のテーマ曲でしょうか?
いずれもシンフォニックなアレンジで、なかなかダイナミックです。
ことに、「レスフィーナ」は根強い人気がある曲です。私は久石さんの作ったメロディーの中でも、トップ3に入るくらい美しいメロだと思います。是非、聴いてみてください!

総合して、かなりオーケストラパートに力を入れたアルバムに仕上がってます。
また、曲が終わった後の拍手喝さいも臨場感があって良いですよ。
当時の熱気が、そのまま伝わってきます。
こういう熱気や臨場感は、スタジオ録音にはない魅力です。

Symphonic Best Selection(CCCD)
久石譲 新日本フィルハーモニー交響楽団 金洪才
東芝EMI (2003/07/30)
売り上げランキング: 41264

1. 風の伝説
2. 谷への道
3. 鳥の人
4. DREAM
5. PROLOGUE~DRIFTING IN THE CITY
6. 1920~AGE OF ILLUSION
7. SOLITUDE~IN HER…
8. CAPE HOTEL~MADNESS
9. 冬の夢
10. TANGO X.T.C.
11. 魔女の宅急便
12. レスフィーナ
13. 天空の城ラピュタ
14. タスマニア物語
posted by 悠 at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは.
このCDは持っていますよ.
クラシック的な重厚な感じのアレンジですね.
生で聞いて見たい演奏ですね.
Posted by coollife at 2007年02月20日 12:33
coollifeさんへ

たしかに、とてもクラシックな内容になってます。
ピアノ協奏曲とまではいかなくても、どの曲もオケとピアノの絶妙な絡みがありますね。

生で聴けた人がうらやましい!
Posted by 悠 at 2007年02月20日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。