2007年01月02日

The Best Track/葉加瀬太郎

ヴァイオリニスト、葉加瀬太郎のベスト・アルバムです。
葉加瀬さんは、もともとクライズラー&カンパニーという、グループで活躍していました。クラシック音楽を過激なアレンジ演奏していたのですが、ソロで活躍するようになってからは、癒し系のイメージが強いです。

このアルバムには、葉加瀬さんの代表作が概ね収録されているので、TVで良く耳にするものばかりです。参加アーティストも、アンジェラ・ジョンやニ胡奏者のジャン・ジェン・ホワ等、なかなか豪華。葉加瀬さんのオリジナル楽曲から、名曲のアレンジものまで、怒涛のラインナップになっています。とりあえず、このアルバムさえ持っていれば、葉加瀬さんの音楽世界を充分知ることができるでしょう。

このアルバムを聴いて感じたのは、演奏自体、意外と正統派ということです。風貌的に!?すごく豪快な演奏や、荒々しい響きを出しそうですが、音だけ聴けば、けっこう紳士的なヴァイオリンですよ。
たとえば、川井郁子さんのヴァイオリンなんてのは、音の強弱やポルタメント、揺らぎが随所に散りばめられていて、変幻自在のかなり川井郁子風に味付けさているのですが、葉加瀬さんは、なにか派手に味付けするわけでもなく、しっかりとメロディーを歌い上げています。それがちょっと意外だったかなぁ。(伴奏はにぎやかですけどね)

葉加瀬さんの曲は、明るく温かく、良い気分にさせてくれる曲が多いです。かしこまって聴くよりは、温泉にでも浸かるような気分でゆったり聴くのがオススメです。

The Best Track
The Best Track
posted with amazlet on 06.12.11
葉加瀬太郎 アンジェラ・ジョン ジャン・ジェン・ホワ バーシア
ERJ (2002/08/21)
売り上げランキング: 2159
posted by 悠 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | インスト>邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉加瀬太郎さんのバイオリンが正統派だというご意見ごもっともですね。
ロマンティックな演奏ではありますが、ポップスやジャズ専門のバイオリン奏者とは一線を画していると思います。
音色がとても柔らかい上に力強いので、もっとバイオリンの主旋律を中心としたレパートリーを増やしてもいいのになあと思っていました。
Posted by coollife at 2007年01月03日 18:09
coollifeさんへ

こんばんは。
たしかに、そういったレパートリーは、たくさん増やしてほしいですね。
このアルバムでもヴァイオリンが後ろ(伴奏)にまわっちゃってる曲がありました。
歌手との共演であっても、もっとヴァイオリンを前面に出していいんじゃないかぁ。と思います。
Posted by 悠 at 2007年01月03日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30718979

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。