2006年11月25日

アメイジング!〜アメイジング・グレイス〜

いわゆる、100%モノのアルバムで、全曲アメイジング・グレイスです!
実は、「アメイジング・グレイス100%」は結構発売されています。
それだけ人気のある曲という事ですが、今回はユニバーサルクラシックで、発売しているCDから。

このアルバムはクラシックからジャズ、ヴォーカル以外の演奏モノまで、はたまた、日本語版までかなり多様な演奏が入っています。
もちろん、ヘイリーの「アメイジング・グレイス」や、ザンフィルのパンフルートによる「アメイジング・グレイス」など、おいしいところもしっかり押さえた内容です。

で、一番インパクトあったのが、5曲目のアンドレ・リュウの「アメイジング・グレイス」。
これは、かなり珍しいヴァージョンのアメイジング・グレイスですよ。
たぶん、バグパイプか何かだと思うのですが、その大合奏が、雄大なオーケストラをバックに響き渡るんです。
ものすごいスケールです。3分弱の曲ですが、グングン盛り上がっていってラストはシンバルも加わり、壮大な迫力とともに終わります。

びっくりしました。
何より、ここまで迫力がありながら、心揺さぶる哀感、祈りの気持ちがいっぱいの演奏で、感動せずにはいられません。
イメージとしては広大な海原に沈んでいく真っ赤な夕陽といった感じでしょうかね。
大自然派なアメイジング・グレイスなのです!(笑
これは、本来のアメイジング・グレイスの姿ではないのでしょうが、本来以上の何かを感じました。

こういう演奏もありです!!

アメイジング!~アメイジング・グレイス~
Various オムニバス ヘイリー
ユニバーサルクラシック (2003/12/17)
売り上げランキング: 6,898


1. アメイジング・グレイス(ヘイリー)
2. アメイジング・グレイス(岡本知高)
3. アメイジング・グレイス(ザンフィル)
4. アメイジング・グレイス(ナナ・ムスクーリ)
5. アメイジング・グレイス(アンドレ・リュウ)
6. アメイジング・グレイス(ガブリエル・グッドマン)
7. アメイジング・グレイス(白鳥恵美子)
8. アメイジング・グレイス(レーナ・マリア)
9. アメイジング・グレイス(カナディアン・ブラス)
10. アメイジング・グレイス(ダイアン・シューア)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。