2006年10月30日

ライア&ソネット/ 村治佳織&ザ・シックスティーン

楽しみにしていたCDが先日届きました。
久しぶりにネットで予約して購入したのですが、発売日当日には届かず(泣
2日後に到着。。。

今回、購入したのは初回限定盤です!スリープケースや村治佳織さんのミニ写真集が付いてきました。
写真集もCDケースの中に入っているため、やや太めのケースになっています。

それにしても、今回のアルバムは、すごく興味を惹かれる企画です。
今回は、村治さんのギターと、名高いコーラスグループ「ザ・シックスティーン」の競演なのです。
ギターとコーラスで「パッヘルベルのカノン」や「だったん人の踊り」などの名曲を奏でる・・・
う〜ん、これは聞かずにはいられません!!

選曲も、ギター単独の曲から、なかなか聴く機会の少ない隠れた名曲まで、たくさん収録されていていますので、決してイージーリスニング風な出来ではなく、クラシック音楽を十分味わえる内容になっていす。
聴けば聴くほど味わいの出るアルバムです。

今回は、このアルバムの中から、私が特に気に入った演奏を2つご紹介します。
まずは、ヴィラ=ロボスの名曲「ブラジル風バッハ第5番〜アリア」。
通常は、ギターとソプラノによる演奏ですが、ソプラノパートを合唱にアレンジして演奏しています。
もともと、悲しい雰囲気の曲ですが、合唱により、ゆっくりとしたテンポで歌われるブラジル風バッハは、「荘厳な哀愁」があり、オリジナルとはまったく違う魅力に溢れています。
この曲での村治さんのギター伴奏も切なさに満ちていて、聞き惚れます。
特に、情熱的な中間部のあとに戻ってくる冒頭の主題の寂しさ、美しさは、コーラスならでは!
このアルバムでしか味わえないものです。このアルバムの中で一番の演奏ではないでしょうか?

次に、良かったのが「だったん人の踊り」です。
ボロディンの名曲として知られていますが、この曲をギターと合唱で聴けます。
有名なメインの旋律だけのアレンジで、終始緩やかに演奏されます。
ここでは、村治さんのギターは爪弾きに終始する感じで、技巧は味わえませんが、合唱を伴奏にポロンポロン♪と弾く「だったん人の踊り」のメロディーは、どこまでも穏やかで、ジ〜ンときます。
夏空に浮かぶ白い雲のような、暖かさ郷愁とが入り混じった演奏ですよ!

パッヘルベルのカノンは、ちょっと期待ハズレでしたが、この2曲だけでも聴く価値ありです。
新たなギターの魅力を発見させてくれる名アルバムだと思います。

♪こちらで試聴もできますので、どうぞ♪

ライア&ソネット
ライア&ソネット
posted with amazlet on 06.10.29
村治佳織&ザ・シックスティーン 村治佳織 ザ・シックスティーン クリストファーズ(ハリー) アンチエータ チルコット タレガ カステルヌオーヴォ=テデスコ ビクトリア
ユニバーサルクラシック (2006/10/25)


1. 母さま、私は恋を抱いて
2. アルハンブラの想い出 (ギター・ソロ)
3. 「ロマンセロ・ヒターノ」ガルシア・ロルカの詩による7つの歌~第4曲:プロセシオン(行列)
4. 2. パソ
5. 3. サエタ
6. おお何と栄光に満ちた王国なのか
7. 5つの前奏曲
8. 第1番 ホ短調 (ギター・ソロ)
9. 第3番 イ短調
10. 第2番 ホ長調 (ギター・ソロ)
11. 第4番 ホ短調
12. 第5番 ニ長調 (ギター・ソロ)
13. あがない主の恵み深き母よ part 1
14. あがない主の恵み深き母よ part 2
15. パッヘルベルのカノン
16. 神は私たちを憐れみ(タリスのカノン)
17. 13のカタルーニャ民謡~第13曲 盗賊の歌 (ギター・ソロ)
18. ブラジル風バッハ第5番~アリア(カンティレーナ)
19. ア・ネグリート・デ・ククルンベ
20. ダッタン人の踊り(歌劇《イーゴリ公》より)
posted by 悠 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26466559

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。