2006年10月21日

望郷のバラード/天満敦子

秋の夜長にじっくり聴きたいアルバム・ベスト1です。
ポルムベスク作曲の「望郷のバラード」を日本に紹介したのが天満敦子さんで、今や「望郷のバラード」と言えば、天満敦子!というくらい彼女の代表レパートリーになっています。

「望郷のバラード」。
なんと惹かれるタイトルでしょう。
音楽もタイトル通り、望郷の念に満ちた悲しい音楽です。そして、天満敦子さんのヴァイオリンの音色が、この曲に合うんですよね。
何度聴いても胸が熱くなる、魂の演奏です。

魂の演奏と言いましたが、このアルバムは、「トロイメライ」や「愛の悲しみ」など、名小品も多く収録されていますが、BGMには向きません。
「トロイメライ」1つ取っても、演奏に魂が宿っているというか、こんな1音1音に感情をこめた「トロイメライ」も他にないくらいの深い演奏をしているからです。
とても、何気なく聴けるアルバムではないんです。
じっくりと、目を閉じて聴いてください。クラシックの「聴きこむ醍醐味」が味わえるアルバムです。

構成も、これまた凝ってます。
全曲ピアノとヴァイオリンだけで演奏されるのですが、1曲目が「望郷のバラード」。続いてヴィターリの「シャコンヌ」を聴き応え充分な情熱的で演奏で聴かさせると、「トロイメライ」などの甘美な小品集へ突入していきます。
そして、中間に6曲から成る「ルーマニア民族舞曲」を挟んで、再び小品集へ。
「アヴェ・マリア」や「ロマンス」などの名曲を、祈りに満ちた演奏で聴かせてくれます。
そして、最後は無伴奏による「望郷のバラード」をたっぷりと演奏し、終わります。

起承転結というか、このアルバム自体がひとつの作品になっているような仕上がりです。

望郷のバラード(ピアノ伴奏版)
天満敦子 吉武雅子 ポルムベスク ヴィターリ クライスラー シューマン バルトーク
キングレコード (2003/11/06)
売り上げランキング: 9,406


1. 望郷のバラード(ポルムベスク)
2. シャコンヌ ト短調(ヴィターリ)
3. 愛の悲しみ(クライスラー)
4. トロイメライ(シューマン)
5. ルーマニア民俗舞曲(バルトーク/セーケイ編)
6. スペインのセレナード(シャミナド/クライスラー編)
7. アヴェ・マリア(バッハ,グノー)
8. アヴェ・マリア(シューベルト)
9. ロマンス第2番ヘ長調op.50(ベートーヴェン)
10. 望郷のバラード(無伴奏)(ポルムベスク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。