2006年10月17日

麗しのアリア/アンサンブル・プラネタ

女性5人による声楽アンサンブルです。「声」以外の楽器は使いません。
ア・カペラのクラシック・アンサンブルとなると、外国人によるグループが目立ちますが、これは日本人のグループです。
アレンジが「エキセントリック・オペラ」の書上奈朋子(かきあげなほこ)さんってのも魅力を感じました。

いやはや、私の中では久しぶりの大ヒットCDです。
これぞ、「癒しの音色」!!という出来で、心の底から癒されまくりました。

ボーイ・ソプラノまでは行かなくても、それに近いピュアな響きが全曲に満ちています。
選曲も最高ですし、録音も極めて優れていると思います。一糸乱れぬハーモニーを非常にバランスよく録音しています。
是非、秋の夜のしじまに聴いてください。
おおげさでも何でもなく、天国にいるような気持ちになりますよ。

中でも、「スカボロ・フェア、」テレマンの「アリア」、民謡の「ブラック・イズ・カラー」、「愛する人に林檎をあげよう」の4曲は筆舌に尽くしがたい美しさです。
この4曲は、なんとも言えない哀感のハーモニーに満ちています。これは原曲の良さもあるのでしょうが、磨き上げられたアレンジの良さも大きいですね。
アレンジする以上、原曲以上に楽しませてほしいってのが、私のこだわりです。

特に、テレマンの「アリア」は、このアルバムで初めて聴いたのですが、こんなにも素敵な曲がまだあったんだなぁ・・・と、大感動。
秋空に舞う枯葉のような、切なさいっぱいの曲です。
クラシックは相当聴き込んだつもりが、まだこんな名曲を聞き逃していたのか。。。と悔しくも思います。
これは原曲も聴いてみないとだめですね〜。

こういう、新しい名曲と出会わせてくれるアルバムはなかなかありません。
そういう点でも、私にとって大事なアルバムになりそうです。

☆公式サイト・試聴はこちら
http://www.pcmusic.jp/ensembleplaneta/index.html

麗しのアリア
麗しのアリア
posted with amazlet on 06.10.13
書上奈朋子 アンサンブル・プラネタ
ポニーキャニオン (2003/04/16)
売り上げランキング: 6,414


1. アメイジング・グレイス(民謡)
2. G線上のアリア(バッハ)
3. オンブラ・マイフ(ヘンデル)
4. うつろな心(パイジェッロ)
5. スカボロー・フェア(イングランド民謡)
6. 愛する人に林檎をあげよう(イングランド民謡)
7. あなたがいてくださるならば(シュテルツェル/伝バッハ)
8. アリア(テレマン)
9. メヌエット(ペツォルト/伝バッハ)
10. ブラック・イズ・ザ・カラー(民謡)
11. Oyasumi(書上奈朋子)
posted by 悠 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25653476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。