2006年10月13日

銀河鉄道の夜/久石譲

久石さんというと、映画音楽!サントラ!というイメージが強いですが、これはイメージ音楽ということで、サントラではありません。
久石さんの「銀河鉄道の夜」への想いが詰まったアルバムです。

勿論、小説の「銀河鉄道の夜」を良く知っている人ほど楽しめるアルバムですが、知らなくても十分情景が伝わってくる音楽です。

このアルバムは、最近CD店で見つけるまで存じてませんでした。
久石さんのアルバムの中では、それほど広く知られているものではないのかもしれません。

音楽は、ピアノとシンセサイザーによる非常に親しみやすいもので、「ナウシカ」「ラピュタ」「トトロ」時代の久石さんの音楽が好きな方にはオススメです。
しかし、まあ、このアルバムはどの曲もメロディーに溢れています!
”メロディー・メーカー久石譲”の才能が最も出ているアルバムではないでしょうか?
メインテーマも去る事ながら、「カムパネルラ」の切な過ぎるピアノが泣けます。

私は、このアルバムを聴いて、どことなくメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」の音楽を思い出しました。
久石さんが意識したかは分かりませんが、「真夏の夜の夢」と共通するファンタジーと、ちょっぴりの悲しさみたいな音楽世界があります。

面白かったのが、8曲目の「サザンクロスの祈り」。
この曲はドヴォルザークの「新世界交響曲」〜第二楽章(いわゆる”家路”)の、アレンジものです。
思うに、久石さんが既存のクラシック曲をアレンジして演奏しているのは、この曲くらいではないでしょうか??
見事に、”家路”が久石ヴァージョンになっています(笑
久石さんらしい優しい雰囲気に溢れたアレンジで、なかなか気に入っています。

銀河鉄道の夜
銀河鉄道の夜
posted with amazlet on 06.10.13
久石譲
コロムビアミュージックエンタテインメント (1996/07/20)
売り上げランキング: 5,721


1. 銀河鉄道の夜
2. 三人の漂流者
3. プリオシン海岸
4. 天気輪のワルツ
5. 鳥を捕る人
6. ジョバンニの風景
7. 北十字
8. サザンクロスの祈り~ニュー・ワールド
9. カムパネルラ
10. 銀河鉄道の夜(リプライズ)
posted by 悠 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | インスト>邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25399676

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。