2006年10月04日

アランフェス協奏曲/村治佳織

なんか、このブログのギターの項目は村治佳織さんばかりですね・・・
木村大さんとか、魅力的なギタリストは、たくさんいるんですけど〜。
と、言いつつ、今回も村治佳織さんのアルバムです!(笑

このアルバムは、前回ご紹介した川井郁子さんのアルバムといっしょに買ったものです。村治佳織さんのアルバムの中でも、評判が良いので期待して買いました。

ジャケットも良いですね〜。キッリとした村治さんの表情が素敵です。


曲目は、アランフェス協奏曲の他は、そんなに多く聴く機会のない作品が並んでいます。どれも親しみやすい音楽なので、このアルバムをきっかけに聴いてみては??

もちろん、メインはアランフェス協奏曲!
この曲は名曲なので、今まで色々な方の演奏を聴いてきました。私は、ジュリアン・ブリームというギタリストの演奏を長年愛聴してきたのですが、果たして村治さんの演奏は!?と、期待してCDを再生しました。
そして、演奏がはじまると、すぐに「お!」っと思いましたね。

第一楽章のギターの出だしを聴けばすぐにわかるのですが、とっても軽やかで、生き生きとした演奏がそこにあります。明かに、他の演奏とは違う、村治さんならではの弾むような、とっても心地よいギターの響きです。この演奏を聴けば、誰でも「村治佳織はただ者ではないな!」と、感じるでしょう。私も、改めて彼女の才能に感心しました。

とても新しいというか、フレッシュな演奏です。
こういうアランフェス協奏曲は、はじめて聴きました。(けっこう、お堅い演奏ばかり聴いていましたので・・・)

ただ、全体通して、とても軽快な演奏なので、いくぶん第二楽章の悲しげ感は薄れてしまっている気もします。でも、その分、第一楽章、第三楽章は素晴らしい。

私もそうなのですが、アランフェス協奏曲というと、とかく第二楽章ばかり聴く機会が多いので、是非、このアルバムで全楽章を通して、堪能してみてはいかかがでしょうか?


さてさて、話は変わりますが、今月の半ばに村治さんがとても興味深いCDを発売いたします!ザ・シックスティーンという、合唱団との共演でクラシックの名曲を演奏したもの。
こちらの公式サイトから試聴できます⇒
http://www.universal-music.co.jp/classics/kaori_muraji/discography.html

いくつか試聴してみたのですが、GOODです!
優雅さと素朴さが合わさった感じで、あたらしい音楽世界がありますね。
コーラス&ギターによって、スローテンポで演奏される「ブラジル風バッハ」や「だったん人の踊り」なんかは、早くフルヴァージョンで聴いてみたいです。

今から楽しみなアルバムです。

アランフェス協奏曲
アランフェス協奏曲
posted with amazlet on 06.10.01
山下一史 村治佳織 新日本フィルハーモニー交響楽団 ロドリーゴ アーノルド カステルヌオーヴォ=テデスコ
ビクターエンタテインメント (2000/03/23)
売り上げランキング: 27,996


1. アランフェス協奏曲(ロドリーゴ)
2. ギターと弦楽のためのセレナード(アーノルド)
3. ギター協奏曲第1番ニ長調op.99(カステルヌオーヴォ=テデスコ)
4. タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)
posted by 悠 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悠-san

こんばんは〜!
先程は、ありがとうございました。
悠-san もアランフェス協奏曲の記事をエントリーされたとのことで、早速、お邪魔に上がりました。
この季節になると、ついついアランフェスに手が出てしまいますよね。本当に不思議です。

ところで、私はクラシック音楽だけではなく、ジャズもタンゴも聴きます。雑食人間なのは、自分好みの旋律であれば何にでも手を出すからです。私がお薦めしているジャズのアランフェスは25分位の曲で、凄く良いですよ! 一度、チャレンジしてみて下さい。
そうそう、ブックマークに登録して頂いたそうで、本当に感謝感激です!
遅ればせながら、この後、私の方もブックマーク致します。
Posted by yuhoto at 2006年10月07日 22:28
yuhotoさんへ

こんばんは。
ギターとジャズは相性抜群なので、ジャズのアランフェスは、恐らく素晴らしい仕上がりなんじゃないかと想像がつきます。
必ずやチャレンジいたしますね!!
Posted by 悠 at 2006年10月07日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24882016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。