2006年09月17日

イマージュ・アムール/オムニバス

「イマージュ」はヒーリング系のオムニバスシリーズでは、もっとも有名なシリーズです。人気も高く、シリーズも数多く出ています。しかしながら、このブログでは、実は1度も紹介してないのです。。。
なぜなら、癒し系アルバムのわりに、全然ヒーリングとは言えないような曲が、けっこう収録されているんですよね。

イマージュの第1段も、「これは、ヒーリングじゃないだろう〜」という曲がいくつかありました。

たとえば、NHK「映像の20世紀」のオープニングでお馴染みの♪パリは燃えているか♪。ピアソラの♪リベルタンゴ♪なんかは、癒しというか、むしろ緊張感溢れるスリリングな音楽です。二作目以降は、日本人演奏者の偏りが目立ち、マンネリ化があるような・・・。

そんなこんなですが、今回紹介する「イマージュ・アムール」は、とても選曲がよく、これはイマージュ全シリーズの中でも1番のオススメです。

名曲揃いなうえ、最高に美しい編曲が多く、心から癒される1枚です。

イージーリスニングだけでなく、魅力的なヴォーカル曲が多いのも、うれしいところですね。たとえば、「ムーン・リヴァー」や「ダニー・ボーイ」、「この素晴らしき世界」「アメイジング・グレイス」など、お洒落なアレンジで聴かせてくれるので、ワクワクしてきます。

この手のアルバムが好きな人には、きっと満足のいく内容ではないでしょうか?

あと、余談ですが、イマージュシリーズは、他のCDにくらべて音量が高めに設定されている気がしませんか?
CDの音量って、各社バラバラで統一してないんでしょうかね〜?

イマージュ アムール
イマージュ アムール
posted with amazlet on 06.09.16
オムニバス エンニオ・モリコーネ 葉加瀬太郎 JAZZTRONIK featuring ヤドランカ J.マーサー 岩崎工 野崎良太 手使海ユトロ featuring 宮本文昭 手使海ユトロ 加古隆
ソニーミュージックエンタテインメント (2001/11/07)
売り上げランキング: 5,572


1. ニューシネマ・パラダイス「愛のテーマ」(エンニオ・モリコーネ)
2. 冷静と情熱のあいだ(葉加瀬太郎)
3. ムーンリヴァー(JAZZTRONIK featuring ヤドランカ)
4. 夢(手使海ユトロ featuring 宮本文昭)
5. 大河の一滴(加古隆)
6. カヴァティナ(映画「ディアハンター」テーマ曲)(ジョン・ウィリアムス)
7. ロミオとジュリエット(映画「ロミオとジュリエット」テーマ曲)(ゴンチチ)
8. 静寂(Hymn)(三村奈々恵)
9. ザナルカンドにて (羽毛田丈史)
10. ダニー・ボーイ(デイヴィ・スピラーン featuring シンニード・オコナー)
11. アズ・タイム・ゴーズ・バイ(ステファン・グラッペリ&古澤厳)
12. ジェレミー(クレモンティーヌ)
13. ホワット・ア・ワンダフル・ワールド(ケイコ・リー)
14. 歌に生き、恋に生き〜“トスカ”より(グローバー・ワシントンJr.)
15. トゥナイト〜“ウエストサイド・ストーリー組曲”より(ジョシュア・ベル)
16. アメイジング・グレイス (シャルロット・チャーチ)
17. イマージュ アムール〜“カヴァレリア・ルスティカーナ”間奏曲(羽毛田丈史 with 木村大、小松亮太、ゴンチチ、葉加瀬太郎、宮本文昭&ヤドランカ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜
Excerpt: あまり期待していなかったのですが、良かったです!頭が良くなるというよりは、聞いていると頭がすっきりして冴えてくるといった感じです。疲れたときに聞くと、効果覿面です。モーッアルトのCDは持ってるけどそれ..
Weblog: 演奏者をたくさん集めました
Tracked: 2008-02-01 23:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。