2006年04月12日

ハリウッド・グレイテスト・ヒッツ

カンゼル指揮、シンシナティ・ポップス・オーケストラによるハリウッド名曲集です。
カンゼルとシンシナティ・ポップス・オーケストラは、映画音楽をメインにしつつ、多方面に数々の魅力的なアルバムを出しています。彼のアルバムはテーマが面白くて、ホラー映画の音楽だけを集めてみたり、アドベンチャー映画の音楽だけを集めてみたり、面白い企画が多いのです。

基本はクラシック寄りで、しっかりしたアレンジ、演奏をします。演奏自体は往年の、フィードラー&ボストン・ポップス・オーケストラに近い印象はありますが、ボストン・ポップス・オーケストラと比べると、さらりと演奏するというか、スマートな演奏とアレンジをしています。

そんなカンゼルの全アルバムのなかで、一番名曲が多く収録されているのがこのアルバムでしょう。「風と共に去りぬ」のテーマから「炎のランナー」のテーマまで、心地良い音楽がいっぱいです。全体的に、明るい選曲で良い気分になれること間違いなしです!「ロミオとジュリエット」の愛のテーマ。「ある愛の詩」のテーマで癒されつつ「ロッキー」のテーマや「ジョーズ」のテーマでウケもばっちりです!
大オーケストラによる映画音楽をたっぷり楽しめますよ!

余談。
カンゼルのCDで1点だけ私があまり好きでない事があります。彼はCDに効果音を入れるのが好きで、やたら効果音がうるさいアルバムがあるのです。
『効果音に注意。音量に注意しないと貴方のオーディオが破損する恐れがあります』
と書かれていたのには、「えええっー!!(汗」でした。
そのCDは何回も聴きましたが、特にオーディオは破損はしませんでしたけどね。(笑

※ちなみに、今回紹介したCDに効果音はありません。

ハリウッド・グレイテスト・ヒッツ
カンゼル(エリック) シンシナティ・ポップス・オーケストラ トリット(ウイリアム)
ユニバーサルクラシック (2002/08/28)
売り上げランキング: 16,189


1.20世紀フォックス映画のファンファーレ(ニューマン)
2.「海賊ブラッド」序曲(コルンゴルト)
3.「風と共に去りぬ」~タラのテーマ(スタイナー)
4.「ベン・ハー」~競技者のパレード(ローザ)
5.「栄光への脱出」テーマ(ゴールド)
6.「ドクトル・ジバゴ」~ララのテーマ(ジャール)
7.「アラビアのロレンス」テーマ(ジャール)
8.「ロミオとジュリエット」~愛のテーマ(ロータ)
9.「007/ゴールドフィンガー」テーマ(バリー)
10.「ある愛の詩」テーマ(レイ)
11.「避暑地の出来事」テーマ(夏の日の恋)(スタイナー)
12.「ジョーズ」テーマ(J.ウィリアムズ)
13.「おもいでの夏」テーマ(ルグラン)
14.「ロッキー」テーマ(コンティ)
15.「愛と追憶の日々」テーマ(ゴア)
16.「愛と哀しみの果て」~メイン・テーマ(バリー)
17.「炎のランナー」テーマ(ヴァンゲリス)
posted by 悠 at 18:12| Comment(2) | TrackBack(1) | インスト>洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
効果音は困りますねえ.
でも,こうして曲目一覧を見ると昔の映画音楽って,ほとんどクラシック音楽なみの存在感があるというか,名曲がそろってますね.けっして映画の付けたしではなくて,映画音楽自体が立派な作品のような気がします.
この中では,「風と共に去りぬ」,「ドクトル・ジバゴ」「ある愛の詩」あたりがお気に入りです.
Posted by coollife at 2006年04月13日 21:50
coollifeさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
昔の映画音楽は、ホントに名曲揃いですよね。
また、良い映画には良い音楽が付いているなぁ。と感じました。
このCDの曲目を見ても、音楽自体も名曲ですが、映画自体も名画ですよね〜
Posted by 悠 at 2006年04月13日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

グレイテスト・ヒッツ
Excerpt: グレイテスト・ヒッツ
Weblog: ミュージックの紹介ページ
Tracked: 2006-05-16 23:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。