2006年03月25日

「リベラ・メ」IZZY

クラシックとポップスの融合、と言えば、この方のCDも忘れられません。
サラ・ブライトマンや、白い巨塔の「アメイジング・グレイス」でお馴染みのヘイリーが好きな方にはオススメのCDです。
「リベラ・メ」は、もともとフォーレの「レクイエム」の中の一曲で、バリトンによって歌われるのですが、IZZYの澄みきったソプラノで聴くリベラ・メは、原曲以上に素晴らしいです!アレンジも、ストリングス主体の極めて格調高い出来になっており、私としては文句なしです。

IZZYの歌声は、たしかに澄みきっていて、ヘイリーに近いピュアな声なのですが、重みというか、どことなく影を秘めた響きがあり、それが、この「リベラ・メ」にピッタリなのです。IZZYの放つ神秘的な世界へ引き込まれること間違いなしですよ!

こういう、クラシックでもポップスでもない「クラシカルクロスオーバー」というジャンルは、最近やっと人気が定着したようで、他にもたくさんのCDが発売されていますね。私が、このジャンルに注目したのは10年近く前なのですが、当時は大変珍しいジャンルでした。クラシック曲が完全にポップス化されているか、ムード音楽化されている楽曲はありましたが、今で言う「クラシカルクロスオーバー」というのは、少なかったですね〜。。。最近ではついに「クラシカルクロスオーバー」だけを集めたオムニバスCD⇒クラシカル・クロスオーバー・ベストも発売され、うれしい限りです!

さて、IZZYの「リベラ・メ」ですが、このアルバムにはリベラ・メの他に「バイレロ」等のクラシック曲もいくつか入っています。
下記のサイトで試聴もできますので、興味のある方は聴いてみてください。

http://www.universal-music.co.jp/classics/non_cla/izzy/izzy.html

リベラ・メ
リベラ・メ
posted with amazlet on 06.03.25
イジー
ユニバーサルクラシック (2001/04/21)
売り上げランキング: 60,439


1.バイレロ
2.リベラ・メ
3.アモール
4.シー・ムーヴド・スルー・ザ・フェア
5.ベル・アンジュ
6.ナニータ
7.レット・ミー・スリープ
8.フォール・ザ・リーヴズ
9.詩篇57
10.ラウダーテ・ドミヌム
11.バイレロ(reprise
posted by 悠 at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック>声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは.
サラブライトマンを聞くまでほとんど声楽に興味なかった私ですが,このアルバムは魅力的そうですね.クラシカル・クロスオーバー・ベストも聞いてみたいです.
Posted by coollife at 2006年03月27日 20:50
coollifeさんへ

コメントありがとうございます!
このジャンルは他にもたくさん魅力的なCDがありますので、これからもどんどん紹介していきたいとおもいます♪
Posted by 悠 at 2006年03月27日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。