2006年01月29日

「グリーンスリーヴスによる幻想曲」ヴォーン=ウィリアムズ 

私がこの曲をはじめて聴いたのは子供の頃で、名曲アルバムか何かで流れてたのを聴いたんですよ。子供ながらにえらく感動したのを覚えています。
クラシックで一番最初に感動した音楽かもしれません。

音楽は、イングランド民謡の名曲「グリーンスリーヴス」を主題にして作られた、大変美しいオーケストラ曲です。時間も5分程度なので、これからクラシックを聴いてみたいなぁ…なんて人には是非聴いてほしい一曲です。

グリーンスリーヴスというと、「グリーンスリーヴスによる幻想曲」のメロディーを連想する人は多いかと思いますが、私の記憶が正しければ微妙に原曲のメロディーとは異なります。
たとえばメロディーの出だし。原曲では♪ラドーレミーファミ♪というメロディーですが、グリーンスリーヴスによる幻想曲では♪ラドーレミー♯ファミ♪と、ファが半音上がっています。
ちょっとした違いですが、曲全体の雰囲気がずいぶん変わりますね。
まさに、幻想的な雰囲気に仕上がっています。今ではこちらのメロディーの方がよく知られてるんじゃないでしょうか??

ヴォーン=ウィリアムズは他にもたくさん幻想的で美しい音楽を作曲しています。ベストアルバムもたくさん発売されていすが、定評あるマリナー指揮のCDがオススメです。

グリーンスリーヴス幻想曲〜ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
マリナー(サー・ネヴィル) ヴォーン=ウィリアムズ アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ カンガ(スカイラ) ベネット(ウィリアム) ブラウン(アイオナ)
ユニバーサルクラシック (2001/04/25)
売り上げランキング: 27,973


1. トーマス・タリスの主題による幻想曲
2. グリーンスリーヴスによる幻想曲
3. ひばりは上がる*ロマンス
4. 富める人とラザロの5つの異版
この記事へのコメント
グリーンスリーブズ大好きです.オケ版もいいですし,いろんな楽器でのソロやアンサンブルも素敵ですね.
そうそう,村治佳織さんのCD(エステーラ)にもこの曲が入っています.ギターだと音色のせいか,ロマンティックな情感が少し後退して,典雅さや古風さが前面に出てきて,それはそれで,魅力的ですね.
ちなみに,村治さんのCDでは,ファの音はナチュラルのままです.私はオーケストラの時は「#」が付いたほうが好きなんですが,ギターでは,ナチュラルのままが素朴な感じで好きです.へんなこだわりかもしれませんが...でもこういう微妙な差ってけっこうこだわりたくなりますよね.
Posted by coollife at 2006年01月31日 21:29
coollifeさんへ

こんばんは〜♪いつもコメント感謝です。
私もギターの演奏持ってますよ!ギターによる演奏はオーケストラとは違った独特の魅力がありますね。coollifeさんの言うとおり、素朴で古風でとてもこの曲にマッチした音色だと思います。
いつ聴いても感動できる音楽です。この曲に限らずイングランド地方の民謡は本当にメロディーが美しいですね。
Posted by 悠 at 2006年02月01日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。