2006年01月04日

「天使の歌声」シャルロット・チャーチ

シャルロット・チャーチが12歳の時のアルバムです。
当時は「12歳とは思えない成熟した歌声」なんて言われてましたが、むしろ子供ならではの純粋な透き通る歌声が魅力のアルバムだと思います。

このアルバムには彼女に良く似合う楽曲がたくさん収められています。
中でも「ピエ・イエス」やカッチーニの「アヴェ・マリア」などの宗教曲ではまさに「天使の歌声」!と言いたくなるような素晴らしいソプラノを聴かせてくれますよ。
ボーイ・ソプラノとはまた違う美しさがありますね。

ただ、アレンジが納得いかない楽曲が多い気がします…。
もっと彼女の歌声を生かしたアレンジをしてほしいですね。
「ダニー・ボーイ」なんて、もっとオーソドックスなアレンジで優雅に歌ってほしかったです。

そんな中でカッチーニの「アヴェ・マリア」は一番のお気に入りです。
この曲はスラヴァのシンセサイザーとカウンターテノールで有名ですが、シャルロット・チャーチ版は静かな祈りの音楽になっています。
間違いなく癒されます!

天使の歌声
天使の歌声
posted with amazlet on 06.01.04
チャーチ(シャルロット) ウェバー
ソニーミュージックエンタテインメント (2004/11/17)
売り上げランキング: 17,445


1.ピエ・イエズ(ウェーバー)
2.天使のパン(フランク)
3.「カルミナ・ブラーナ」~私の心の揺れ動く秤の上で(オルフ)
4.主の祈り(マロット)
5.イェルサレム(バリー)
6.アヴェ・マリア(カッチーニ)
7.詩篇第23番(モービー)
8.マイ・カントリー(ホルスト)
9.ダニー・ボーイ(伝承歌)
10.マイ・レイガン・ンラヴ(伝承歌)
11.スォー・ガン~ウェールズの子守歌(伝承歌)
12.子守歌(ハーティ)
13.アメイジング・グレイス(伝承歌)
14.スリー・ウェルシュ・バード・ソングス(エルウィン=エドワーズ)
15.「ヘンゼルとグレーテル」~ホエン・アット・ナイト・アイ・ゴー・トゥ・スリープ(フンパーディンク)


posted by 悠 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック>声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。